トップページ | 2004年12月 »

2004/11/29

スタンドアローン型IE4を入手

セキュリティ的に見て、決して薦められるものではないのですが、一台の端末に複数のバージョンのInternet Explorerをインストールしてみたくなったことはないでしょうか?

一般ユーザーの方ではほとんどいないと思いますが、WEBプログラマーや、デザイナー(ここでは、HTMLコーディングを行う人の意味。)の方の中にはいらっしゃると思います。例えば、Netscapeならインストールディレクトリーを変えることで、それが可能です。一台の端末にNetscape4.75と、Netscape7.02、Netscape7.1と共存できます。

ところが、Internet Explorerの場合(正確に言えば、Windows版IEの場合)、ブラウザとOSが一体化しているために、これが容易ではありません。そこで、私もそうなのですが、複数の端末を準備して、特定の端末のInternet Explorerはバージョンアップしないなどのやり方で、古いブラウザを"キープ"しようとします。

しかし、この方式の問題点として、

  • たくさんの端末が必要。OSを複数入れるにしても、もろもろの費用が必要です。今までは、Acronis Disk Director Suite 9.0などのパーティションを分けるソフトウェアを購入して、パーティションを分割して、複数のOSをインストールしたりする必要がありました。もちろん、OSの入手費用も必要です。これだけのために、中古パソコンを購入したこともあります。

  • 古いブラウザは、セキュリティ的に見ても穴だらけです。また、ウイルスバスター2005ノートン・アンチウイルス 2005など、一部のソフトウェアはなぜか、インストールされているInternet Explorerのバージョンを指定しています。そのため、古いバージョンのIEをインストールしている端末(正確にはOS)には、これらのソフトが利用できないことになり、大問題です。ウイルスバスターも駄目で、Nortonも駄目なら、残りは・・・・。
などの問題があります。

そこで、「複数」「IE」「共存」などのキーワードでGoogle検索してみました。 skyzyx.comというサイトで、Stand Alone(スタンドアローン)型のIEが配布されていることが分かりました。早速IE4.01をダウンロードして、解凍してできたフォルダーの中のIEのexeファイルをダブルクリックして起動するだけのシンプルさ。インストールした端末のシステムを変更したりはしません。唯一、アドレス欄が使えないため、ブラウザのメニューの「ファイル」→「開く」でURLを逐一指定しないといけない、お気に入りが使えないなどの問題はありますが、その他の問題はありません。

ためしに、CD-Rに焼きこんで試してみましたが、問題なく動作しました。Javascriptなどの各種テストでも、まさしく、「あなたはIE4.01です。」といわんばかりの結果。IE5.0以上だけを考慮したJavascriptはうまく動作しないものがあります。やった!! 本来うれしくないはずですが、動かないことを確認できることはすばらしい。IE4.01を使っている人からのクレームにも堂々と対処できます。(いまどき、IE4.01を使っている人が悪いと言いたいのはやまやまですが、プロのプログラマーとしてはそれは言ってはいけないことだと自分に言い聞かせて・・・)

最初、WindowsXPで試して、次にWindowsME、そして、Windows2000、Windows98及びWindows98SEでも試しましたが、問題ありませんでした。ユーザーエージェントがどうなるか気になったので調べてみましたが、確かにIE4.01になっています。OSの部分はそれぞれ、OS固有のものになっています。そのため、WindowsXPなのに、

Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 4.01; Windows NT 5.0; SV1)

というような本来ありえないUAが表示されます。これは面白いです。

WindowsXP SP2の場合は、「SV1」というトークンがつきますが、Windows NT 5.0ではなく、普通は5.1と表示されます。なぜ、5.1ではなく5.0と表示するかは不明ですが、WindowsME+IE4.01でアクセスしても、WindowsMEを示す「Windows 98; Win 9x 4.90」が単に「Windows 98」と表示されたりします。IE4.01が配布されていた当時存在しなかったWindowsMEやXPは正しく認識でないということかもしれません。

これで動作確認がしやすくなりました。IE4.01のユーザーも私が運営しているサイトのアクセスログによれば、常に千人に3人から4人ぐらいはいます。IE4.01の場合、Javascriptの動作も「document.getElementByID」をサポートしないなど、IE5.0以上とはかなり異なるところがあります。そこで、WEBプログラマーとしては、確認作業が必須で、何とか入手しなければとずっと思っていたのですが、できませんでした。古い雑誌の付録などには収められていて、そういうCDはたくさん持っていますが、いかんせんIE4.01が動作するOSを持っていませんでした。Windows98のマシーンには、これまでIE5.01を入れていたため、使えず、新しく、Windows95かWindows98がインストール済みの中古パソコンを買わないといけないなと思っていたので、非常にラッキーに思えた一日でした。

ただ、普通にIE4.01をWindows98や95で動作させたときと全く同じなのかというと100%そうだとは言い切れないところもあるかもしれないので(Virtual PCでMacからWindowsを使っている場合の動作確認時のような、一抹の不安に似たもの?)、そこらへんが心配ですが、

Anyway(古う~)、Google様、ありがとう。Thank You. 감사함니다(カンサハムニダ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/15

turbolinuxトラブル1:「貼り付け」が「〓り付け」に

Turbolinuxを無事にインストールできて喜んでつかの間、トラブルが発生。まず気がついたのが、どういうわけか、Mozillaなどのメニューの「貼り付け」という部分が「〓り付け」という風に、一部の漢字が「下駄」になっています。いわゆる文字化け。Googleの検索結果もあちらこちら「〓」だらけ。

Googleで「turobolinux」「〓」「文字化け」などの言葉でいろいろ検索してみる。すると、意外にも、turbolinuxのトライアル版でわざとこのようにしてあることが分かりました。

https://service.turbolinux.co.jp/tech/form/download_10d-trial.php

です。ただ、私が買ったのはどう考えても製品版です。何でだろう、何でだろう、ってお気楽になっている暇はありません。さらに検索していきますと、

●TurboLinux User's Board - "漢字の文字化け"
http://www.turbolinux.co.jp/dcforum/DCForumID11/5688.html

というものを発見。インストール時に「追加パッケージのインストール」をスキップするとこういうことになるらしい。コンパニオンCDからリコーフォントをインストールして、文字化けを解消できました。

コンパニオンCDからインストール前は、
ricoh-gothic-1.1.1-1
ricoh-gothic-CIDFonts-1.1.1-1

でしたが、これが、
ricoh-fonts-1.1-2
ricoh-fonts-CIDFonts-1.1-2

になりました。直ったから良いといえばいいですが、追加パッケージのインストールをスキップして文字化けが発生するぐらいなら、なぜ最初からこのリコーフォントの1.1-2を入れてくれないのか不思議です。スキップできないようにすべきだと思います。Acrobat ReaderやRealplayerは確かに任意のインストールでいいかもしれませんが、インストールしないと文字化けするなら、そのフォントは強制インストールにしてくれないと、私のような初心者は迷います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/14

Turbolinux 10 Desktop Basicを購入

ハングルの能力検定試験を受講後、天王寺のSofmapにより、Turbolinux 10 Desktop Basicを購入しました。Knoppixに触れて以来、Linuxの魅力に取り付かれて、1CD Linuxでは飽き足らなくなっていたのでした。それで、ハードディスクにインストールしたくなりましたが、Knoppixに付属しているknx-hdinstallというコマンドでハードディスク・インストールも可能なようですが、まだLinuxに全然慣れていないので、最初からハードディスク・インストールを前提とした製品を購入したほうが無難だと思っていたのでした。そんなときに、Sofmapに言ってみれば、意外と安かったので(3,700円ぐらいだったか、細かい値段は忘れました。)ので、買ってみました。

家に帰って、インストール開始。最初、Windows2000のパソコン(Dell Latitude C600)にインストールしてみるが、Xが起動しない。どうもこのdellパソコン、中古商品だからか、もともとそうなのかディスプレイ関連が弱い。ブラウザのタイトルバーやボタンなどのフォントが全体的に眠たくなっているというか、ぼやーとしている。また、Windows95を入れてみたときも、解像度が640×480にしかならなくて、インストールを諦めた経緯がある。ハードディスクの容量も少なかったので、このパソコンへのインストールはあきらめました。

続いて、SonyのVaio PCG GRS55/Bにインストール。ところが、インストールがほぼ終わりに近づいた地点で、再起動してしまう。これで、インストールできたのかと調べてみるとやっぱり駄目。困った。Googleで検索したら、Turbolinuxの公式ページのFAQにちゃんと出ていた。灯台下暗し

●インストールの終了処理でリブートしてしまい、再起動できない
http://www.turbolinux.co.jp/knowledge/public/599.html

「一部機種」でこういうことになるそうだ。対策は、通常の「install」ではなく、テキストモードでインストールすること。早速、テキストモードでインストール。すると無事にインストール完了。起動してみる。美しいデスクトップが現れる。KDEが起動する際に、変な音というかミュージックが聞こえるが、このときは気にならなかった。これが悪夢の始まりだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/01

Linuxを始めてみる

最近、凝りだしてきている物があります。それはLinux。今までは、linuxというとWEBサーバ(レンタルサーバ)としてか使ったことがありませんでした。クライアント・マシーンとしては使ったことがありませんでした。クライアント・マシーンとしては、Windows、Macしかありませんでした。

Linuxというと、シェルの中でコマンドを打つというイメージが強く、GUIのイメージがありませんでした。しかし、CDから起動できるKnoppixを日経BP IT Proの記事を読んでから、すっかりとりこになってしまいました。Windowsマシーンのパーティションを分けずに、ハードディスクにインストールすることなく、WindowsマシーンからLinuxを起動できます。これはミラクルです。

そして起動したデスクトップは美しく、見慣れていないこともあるのでしょうが、非常に新鮮に思いました。インターネットにもそのまま接続可能。さまざまな設定情報を自動で抽出しているからだ。USBマウスもそのまま使えました。プリンタは設定が必要でしたが、Windowsと同じくらいに簡単。

問題は、CD起動なので、新しいソフトのインストールをどうやっていいのかGoogleで調査中。特にWEBブラウザ・Operaを入れたいのですが、やり方がわからない。もちろん、Knoppixをハードディスクにインストールすることも可能なようなので、それなら確実ですが、そうせずにできるのかな・・・。今、設定情報などはフロッピーに保存していますが、フロッピーだと1.5MBしか入らないし、これがZIPやUSBメモリーであれば、数十MBのソフトウェアのインストールも可能なのか、検索している最中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2004年12月 »