« IE7とIE6の共存?--IE7.0スタンド・アローン版を試す | トップページ | Operaで画像の保存ダイアログをキャンセルすると、ページ全体の読み込みがabortされる »

2006/02/14

IE7β版体験記4



あなたのお持ちの独自ドメイン、全て利用できます!

(今までの話の流れ)
IE7.0の体験記を、PartI及びPartIIPartIIIと書いてきましたが、だいたいの仕様は分かりましたし、アンインストールしたのは書きましたね。その後、スタンドアローン版にチャレンジしてみて、動作が普通にインストールした時と違うことがあるのでスタンドアローン版も結局やめた話を書きました。

メインのパソコンにIE7を入れるのは使いづらいので、サブのパソコンにβ版を再び入れてみました。JavaScript関連を中心に気が付いた点を追加しますと、

1.JavaScriptによるステータス行の書き換えができなくなっています。

リンクにマウスのカーソルを合わせると普通はURLが表示されるのですが、JavaScriptによってここにメッセージを流すことも今までは可能でした。しかし、IE7β版では、任意のメッセージを流すことはできません。マウスにカーソルを合わせた際にリンク先URLを表示させないことは今までどおり可能なようですが、ここに任意のメッセージを表示させることはできなくなっているようです。

これは、任意のメッセージを流せてしまうと、リンク先のURLを偽装して、正規のサイトであるかのように装うことが可能になるためと思われます。つまりフィッシング詐欺対策ですね。Firefoxではかねてより、デフォルトではステータス行の書き換えを認めないようになっていますが、IEもいよいよそのようにしたみたいです。

実際、Tools→Internet Options→Secuirty→Custom Levelで、設定を確かめてみると、デフォルトで、「Allow status bar via script」が「Disable」になっています。

同様に、このセキュリティ設定を見てみると、体験記1で書いた問題も納得がいきます。

「Allow web sites to open windows without address or status bar」が「Disable」になっていますから、やはり、JavaScriptのwindow.openでURLを隠すことはできなくなっています。XP SP2のIE6では既にステータスバーを非表示ではwindow.openできなくなっていましたが、アドレス欄もデフォルトでは必ず表示されるようになっているようです。

2.イメージツールバーが廃止になった?
IE6を使っている方なら、一度はといようなものを見たことはないでしょうか? 画像の上にマウスを置くと、一艇サイズ以上の画像の場合、この画像保存やメール送信のためのショートカットが表示されます。これがIE7β版ではなくなったような気がします。はっきりとした確証はありませんが・・・。



Bフレッツ3ヶ月無料! JRのプロバイダ【サイバーステーション】

|

« IE7とIE6の共存?--IE7.0スタンド・アローン版を試す | トップページ | Operaで画像の保存ダイアログをキャンセルすると、ページ全体の読み込みがabortされる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67411/8660787

この記事へのトラックバック一覧です: IE7β版体験記4:

« IE7とIE6の共存?--IE7.0スタンド・アローン版を試す | トップページ | Operaで画像の保存ダイアログをキャンセルすると、ページ全体の読み込みがabortされる »