« Vistaの「Web サイトで、このプログラムを使って Web コンテンツを開こうとしています」続編 | トップページ | VistaのWindows Mailプレビューで文字化けする場合(「髟阡」「瘢雹」の意味。サニタイジングについて) »

2007/02/09

VistaにOffice 2007の試用版を入れてみました(mailtoプロトコルの関連付け)



SEOに有利なmod_rewriteも利用可能な本格レンタルサーバ

Vistaで仕事をするようになって1週間以上が経ちました。少し慣れてきた面もありますが、やはりまだまだ格闘が多いです。先日来同じことばかり言っていますが、「Web サイトで、このプログラムを使って Web コンテンツを開こうとしています」はどうしても納得がいきません。

先日も、Office 2007の試用版(関係ないですが、「試用版」と「体験版」の言葉の違いって何でしょうか? 時に迷います。)をインストールしました。Outlookは個人的には嫌いなので、入れなくても良いのですが、記事を書くために入れました。

インストール自体はスムーズに行きました。Vista環境下では何かとストレスが多いですが、さすがにマイクロソフト社が一番力を入れている自社製品だけあって、これはスムーズでした。

その後、Windows Mail(Outlook Expressの後継メールクライアント。Vista版OE。)を使って、作業をしていて、メールの中に「mailto:メールアドレス」がありましたので何気なくクリックしました。すると、メール作成画面が表示されるのではなく、Outlook 2007(試用版)が起動してしました。

どうやら、mailtoプロトコルに関連付けられたソフトがOutlook 2007に強制的に書き換えられたようです。コントロールパネルの中の「既定のプログラム」→「既定のプログラムの設定」でmailtoプロトコールに関連付けられたプログラムを「Windows Mail」に戻しました。



その後、どこかのホームページを見ていましたら、メールアドレスへのリンクがありましたので、クリックしました。すると出~た!!



「Web サイトで、このプログラムを使って Web コンテンツを開こうとしています」「この Web サイトを信頼していない場合は、このプログラムを開かないでください。」

どんな危ないことをやっているから、こういう警告を出すのでしょうか? ただのmailtoタグですよ。mailtoタグが載っていないHTMLタグ辞典がありますか、マイクロソフト様?

もちろん、mailtoタグに怪しいソフトが関連付けられていて、そのソフトが危ないことをする危険性はゼロではないでしょうが、それはその怪しいソフトに問題があるのであって、「この Web サイト」には何の責任もないでしょう?

へんてこなソフトがそのサイトからダウンロードされ、そのソフトが瞬時にmailtoプロトコルを書き換え、さらにユーザーに何らかのmailtoリンクを自動クリックさせるというようなシチュエーションを想定しているのでしょうか? そのへんてこなソフトがダウンロードさせられようとした段階ですでにUACが働くはずであり(これは望ましいと思います。)、こういうシチュエーションはありえないはずなのに、念には念をということなのでしょうか?

そもそも、「Windows Mail」って自分のところの製品でしょう? 自分のところの製品だけひいきするのは批判されるから、こういう仕様になっているのでしょうか?

Office 2007の試用版を入れて、Outlookが入る前にmailtoタグをクリックしたことがあったかどうかは記憶していませんので、もしかしたら、Windows Vista製品の出荷状態では、Windows Mailをデフォルト・メールソフトに設定されているますから、その場合は、mailtoタグをクリックしていたら、この警告は出ないようになっていたのかもしれません。ただ、後からOutlook 2007 試用版が入ってmailtoプロトコルの関連付けが変更になって、それをさらにWindows Mailを戻す作業をしたので、警告が出たのかもしれません。

日本で使われているメールソフトでVistaで動作するものでメジャーなもの5つぐらいは全部スルーさせるぐらいのことは事前に準備できなかったものでしょうか? Outlook 2007やWindows Mail、Becky!、秀丸メール、Shuriken Proなどだけでも事前に安全なソフトウェアとして登録されていたらいいのに・・・。(UAC、まじで鬱陶しいです。Adobe社のAcrobat Readerにだって表示するんですから。PDFを閲覧するソフトとしては、デファクトスタンダードでしょう。何で、Acrobat Readerにまで出すのでしょうか? 一律に、ユーザーに安全かどうかの判断を任せて、「OKを押したのはあなたでしょう」というスタンスにしたいのかもしれませんが、Acrobat ReaderやAdobe Flash Playerぐらい全部最初から、スルーにしてほしいものです。)

参照:メールソフトのシェア(各種調査リンク集)
http://www.shtml.jp/blog/mailsoft.html

|

« Vistaの「Web サイトで、このプログラムを使って Web コンテンツを開こうとしています」続編 | トップページ | VistaのWindows Mailプレビューで文字化けする場合(「髟阡」「瘢雹」の意味。サニタイジングについて) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67411/13850139

この記事へのトラックバック一覧です: VistaにOffice 2007の試用版を入れてみました(mailtoプロトコルの関連付け):

« Vistaの「Web サイトで、このプログラムを使って Web コンテンツを開こうとしています」続編 | トップページ | VistaのWindows Mailプレビューで文字化けする場合(「髟阡」「瘢雹」の意味。サニタイジングについて) »