« Vistaの「Web サイトで、このプログラムを使って Web コンテンツを開こうとしています」(Flash Playerの自動アップデート機能)について | トップページ | VistaにOffice 2007の試用版を入れてみました(mailtoプロトコルの関連付け) »

2007/02/04

Vistaの「Web サイトで、このプログラムを使って Web コンテンツを開こうとしています」続編



SEOに有利なmod_rewriteも利用可能な本格レンタルサーバ

Internet Explorerではレジストリをカスタマイズすることで、独自のコンテキストメニューを表示させることができます。これはVistaのIE7も同様です。技術的な詳細説明は、

(参照)● [InetSDK] ブラウザの標準コンテキスト メニューに項目を追加する
http://support.microsoft.com/kb/177241

などを参照していただくとして、簡潔に説明しますと、レジストリのHKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Explorer\MenuExt以下が読み込まれて、IEの独自メニュー表示が可能になり、独自メニューが選択された際に、WSHなどのプログラムを含むHTMLファイルが実行されて、非常に便利な機能を感受できるというものです。。



この中で、「URLとして見なして開く」なら、ハイパーリンクになっていない、ただのURLの場合でも、そのテキストを選択して右クリックを行い、このメニューを選択すれば、そのURLにアクセスしてくれるので、コピー&ペーストする手間がかからなくなり、大変便利です。

また、IEで表示させているページをFirefoxやOperaで確認したい場合も、右クリックしてメニューを選択するだけですので、大変便利です。

もちろん、手動でも設定できるのですが、面倒だったり間違えたりすると大変ですので、下記のような専用ソフトを使うのが普通のようです。私もそうしています。

●IE MenuExt
http://www.uryusoft.com/software/IEMenuExt/

を使うと手軽に編集できます。

非常に便利な反面、セキュリティがおびやかされる危険性も確かにゼロではありません。この独自メニューが選択された際に、悪意のあるプログラムを実行させることも可能だからです。IE6まででは、何らかの方法でこの独自メニュー表示用のプログラムをインストールさせること(=該当レジストリに書き込ませること)に成功させすれば、それが可能でした。Norton Internet Securityなどのセキュリティ製品をインストールしている場合、これらのメニュー実行時に警告が表示されていたと思いますが、XP SP2でもOSが警告を出すことは今までありませんでした。

しかし、今回Vista時代になって、VistaのIE7ではセキュリティが強化されたため、このような独自メニューを選択後、プログラムが実行されると、警告メッセージが表示されます。これ自体は正常であり望ましいとも思いますが、メッセージの中身は、「Vistaの「Web サイトで、このプログラムを使って Web コンテンツを開こうとしています」(Flash Playerの自動アップデート機能)について」(2007/02/03)で書いたものとまったく同一です。



「Web サイトで、このプログラムを使って Web コンテンツを開こうとしています」は日本語が変でも、一応正しい説明としても、「この Web サイトを信頼していない場合は、このプログラムを開かないでください。」は明らかに違和感があります。「この Web サイト」がIE7からSleipnirを起動させようとしたのではなくて、「私が」起動させたのであり、このページはまったく無関係だからです。天下のマイクロソフト者様のページで右クリックして起動させた場合もそうなります。

今回のケースでは、起動させたのが、他ならぬ「私」であるため、この警告メッセージの本当の意味合い(要は「Vistaに改善の余地あり」ということ。)は分かりやすいですが、昨日書きました、Flash Playerの自動アップデート機能の場合は、「本当に、そのサイトがやばいサイトかどうかの判断が求められているようなメッセージに一般の人は思えるでしょうから、ウェブマスターの方は濡れ衣を着せられないように注意が必要かもしれないという話に、やっぱりなってしまいますね。

さらに、昨日面白いことが分かりました。メニューからホームページをプリンターから印刷しようと印刷ボタンをクリックした場合も、下記のような警告メッセージが表示されます。



Canonのプリンターが信頼できるかどうかの問い合わせであれば、まだ理解できますが、なぜ、そのウェブサイトがCanonのプリンタを起動させたわけでもなく、「私が」印刷アイコンをクリックして印刷しようとしているのに、「Web サイトで、このプログラムを使って Web コンテンツを開こうとしています」というメッセージを表示させ、あたかも、この警告メッセージが表示されたのは、他ならぬ「この Web サイト」であるかのようなメッセージをVistaでは表示するのか理解できません。「Web サイトで」ではなく、「ブラウザ上で」とか「インターネット上」など別の言葉に変えてもらうことはできないのでしょうか? 是非、ここは改善してもらいたいものです。

|

« Vistaの「Web サイトで、このプログラムを使って Web コンテンツを開こうとしています」(Flash Playerの自動アップデート機能)について | トップページ | VistaにOffice 2007の試用版を入れてみました(mailtoプロトコルの関連付け) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67411/13785339

この記事へのトラックバック一覧です: Vistaの「Web サイトで、このプログラムを使って Web コンテンツを開こうとしています」続編:

« Vistaの「Web サイトで、このプログラムを使って Web コンテンツを開こうとしています」(Flash Playerの自動アップデート機能)について | トップページ | VistaにOffice 2007の試用版を入れてみました(mailtoプロトコルの関連付け) »