« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007/04/29

相次ぐウイルスバスターの誤検出

あまりインターネット関連ニュースで読んだことはないので、私の思い込みかもしれませんが、最近ウイルスバスター2007の誤検出が多いように思います。

4月6日に書いた記事:、
●ウイルスバスター2007で、[セキュリティ診断]を実行すると毎回MS07-013が検出される
http://shimax.cocolog-nifty.com/search/2007/04/2007ms07013_13e7.html

の中で、
● ウイルスバスター2007 - 15.x, ウイルスバスター2006 - 14.x
[セキュリティ診断]を実行すると毎回MS07-013が検出される

http://esupport.trendmicro.co.jp/supportjp/viewxml.do?ContentID=JP-2061558&id=JP-2061558

というサポート情報を紹介させていただきました。この時点では、「一部の環境のみで起こることであり、調査中」というニュアンスだったのですが、その後、このサポート情報は更新され、「2007年4月20日 [セキュリティ診断パターンファイル66] にて修正いたしました。 」という表示になっています。

この間、メーカーと無意味なやり取りをして、危険にさらされているかもしれないという恐怖感と闘ったであろうユーザーの苦悩や怒りが目に浮かびます。私はそうに違いないと思って、忙しかったですし、問い合わせはしませんでしたが・・・。

また、最近、私の環境で、Quicktime関連のファイルが「Generic_Grayware」と診断されてしまい、怪しい(誤爆の可能性大)と思っていましたら、メーカーサイトに、

●GENERIC_GRAYWARE - 概 要
http://www.trendmicro.co.jp/vinfo/grayware/ve_graywareDetails.asp?GNAME=GENERIC%5FGRAYWARE

に「※スパイウェア監視パターン4.91において誤警告が確認されました。次回リリースのパターンで修正予定です。」と出ていました。

●ウイルスバスター2007でウイルス検索をすると Generic_GraywareというウイルスがC:...
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1411410764

にて相談している相談者が、回答者のアドバイスに従って、システムの復元を使ったりしていなければいいと願うばかりです。(Grayというから灰色なのか、もともと判断に悩み、自信がなかったのか。)

過去に私も何の変哲もないファイルがウイルスと判断されて、何回もサポートとやり取りして、誤検出だと認めてもらったことがあります。ウイルスに感染しているとウイルス対策製品に判断されれば、無条件に信じて、Windowsを再インストールしたり、システムの復元を使ったりする初心者ユーザーも存在することや、中級者を上級者でもやはり一瞬は不安になることを、メーカーはさらにしっかりと認識して、確実なパターンファイルを作成してもらいたいです。

Click Here!

月額10,290円の専用レンタルサーバー
【E-server】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Amazonのアフィリエイト管理者サイトで証明書エラー




Vistaを使いだして滅多に見ない証明書エラー、久々に見ました。Amazonのアフィリエイトのレポートなどを見る管理者画面で(2007年4月29日午後8時半現在)。「証明書エラー:ナビゲーションはブロックされました」「この Web サイトのセキュリティ証明書には問題があります。」「このページを閉じて、この Web サイトの閲覧を続行しないことを推奨します。」などの文字が見えます。おそらく期限切れが原因だろうと思って、非推奨の「このサイトの閲覧を続行する(推奨されません)」を選択しました。

調べててみると、やっぱり証明書が2007年4月27日までになっていました。IE7ではフィッシングサイト対策でこういうところでセキュリティ強化がしっかりなされているのですね。

ちなみに、Firefoxではもう少し分かりやすいエラーメッセージになっています。


いずにしても、あまり格好のいいメッセージではないので、SSL証明書をご利用の方は更新漏れをお忘れなく。



【ウィルスチェック標準】NTTスマートコネクトのレンタルサーバ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/13

Mac Leopardの出荷、10月以降に延期!!

がーん。

● 次期Mac OS X「Leopard」が出荷延期,iPhone開発の影響受ける
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20070413/268192/

Windows Vistaの発売が延期されたとき、Macは勝利宣言していなかったか・・・。高笑いをしていなかったか。4月とか6月とか言われていて、「10月にずれこむ可能性も」と言われれば、もしかして、「年内は無理かも」とも読み取れなくもありません。

「当社および顧客が期待する品質を提供できない」というMac Aplple社のコメントは、まさしく、先週書いたばかりの記事:

●Mac OS X v10.5 Leopardはいつ発売されるのか?
http://shimax.cocolog-nifty.com/search/2007/04/mac_os_x_v105_l_475f.html

の中でご紹介したMacRumors.comの観測とまったく同じですね。恐るべし、MacRumors.com。そして、Apple様、iPhoneやiPodもいいけど、本業のMacの方にも力を入れてください。iPodの方が儲かるのかもしれないけれど。楽しみにしていただけに、正直、とても残念です。


バナー

.新しいMac mini。Intel Core Duoをついに搭載。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

専用サーバ選定のための個人的判断材料

先月末、「海外のレンタルサーバを借りてはいけない理由(FTPアップロード・トラブル顛末記)」で書きましたように、私は今海外のレンタルサーバを含めて複数のサーバを借りています。海外のレンタルサーバのサポートが最悪のため、乗換えを検討しています。ただ、Amazon Web Serviceのために必要なディスク容量がかなり大きいため、日本で探すとなると、ほぼ専用サーバに絞られてしまうという結論になりました。

しかし、今非常に金欠なため、余計な出費はできるだけ抑えつつ、専用サーバとしてのパフォーマンスが高いサーバを探してみることにしました。Googleで「専用サーバ」をキーワードに検索すれば、きっと何十もの業者が選考対象いなるのでしょうが、それはそれで絞り込むのが大変なので、まずは自分がアフィリエイトで時たま紹介している業者を、一個人の利用予定者の観点からいろいろ比較してみることにしました。

● 専用サーバ選定のための個人的判断材料(料金編)
http://www.broadband-xp.com/server/dedicated.html
プログラム・データベースなどの機能・セキュリティアップデートサービスを中心とした比較のページも上記ページからリンクさせてあります。

アフィリエイトの紹介だと、どうしても、成功報酬の高いものを目立たせたり、良いことだけを書きがちですが、今回は自分の選定材料のための備忘録として、ありのままに思ったことなどを書きました。複数ドメインに対応している専用サーバを1つ借りて、いくつか借りているレンタルサーバをそこにまとめてしまえば、かえって出費を抑えられるかもしれないと思うぐらいに安い専用サーバも、探せばあるものですね。

Click Here!

月額10,290円の専用レンタルサーバー
【E-server】

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/04/12

Gmailが今朝、メールソフトでの受信ができない

Windowsメールで、Gmailのメールが今朝(2007/4/13 8:54現在)受信できません。pop.gmail.comに障害が起こっているのでしょううか? 通常のWEBメールの方ではログインできますしメールも読めるのでとくに問題はないのですが、メールソフトでの受信ができません。悩んでいる人がいるかもしれないので、「一応私もです」ということで記事化しておきます。

-- 2007年4月12日14時55分ごろ追記 start --
10分ほど前、やっとGmailをWindowsメールで受信ができるようになりました。

朝記事を書いた後、少しGoogleで検索してみたら、今日に限らず、最近調子が悪いみたいですね。

● Gmailヘルプグループ「Gmail トラブルシューティング > POPアクセス不可状態、長期継続中」
http://groups.google.co.jp/group/gmail-troubleshooting-ja/browse_thread/thread/797b2daa4f7aee81
(4月4日の投稿。4月11日が最後の投稿)

● Gmailヘルプグループ「Gmail トラブルシューティング > POPアクセス不可認証エラー 」
http://groups.google.com/group/gmail-troubleshooting-ja/browse_thread/thread/5934a7caf4579ba9?hl=ja
(今日4月12日の投稿)
-- 2007年4月12日14時55分ごろ追記 end --


専用サーバが月額19,800円~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/11

少なくとも5種類のIE7が現在、存在します



Internet Explorer 7.0(以下、IE7)のシェアが複数のサイトで10%超えを確認しています。今後、Windows Update時にIE7が自動配布されるようになれば、さらにシェアは伸びていくでしょう。

ただ、ここで注意しないといけないのが、一口にIE7といっても、いろいろあることです。まず、OSの違い。Windows VistaとXP SP2(さらに、Windows Server 2003)があります。VistaのIE7には保護モードという独特のセキュリティ機能があり、XP SP2のIE7と明らかに区別して考えられるべきものです。そうでないと、技術者として適切なサポートなどをサイト訪問者に提供することは困難になります。

Vistaの保護モードでは、

●「この機能は、 スタンダード 権限を持つアプリケーションからのみ利用できます。」(IME関連のエラーメッセージとAjaxの危険性)
http://shimax.cocolog-nifty.com/search/2007/02/imeajax_3516.html

などは、VistaのIE7特有の問題があります。

また、見た目も大きく変わっていますから、例えば画面キャプチャーを使った利用説明書を付ける際にも、XPの場合とVistaの場合とを分けて作成しておいたほうが初心者には親切です。初心者は少しでも画面が違うと、それだけで不安になります。もちろん、ユーザーエージェントのチェック(「NT 5.1」ならXP(2007年4月12日14時45分ごろ追記:「もしくは『NT 5.2』」ならXP」。下記のコメントにもありますように、64bitのXPの存在を考慮するなら、『NT 5.2』もチェックしなければなりません。ご指摘ありがとうございます。追記終了)、「NT 6」が含まれていたらVista)で、XPかVistaかも判別して、自動的にページを分けてリダイレクトしてあげるようにしておけば、より親切です。


<<β版を使っている人も、意外といます>>
また、OSの違いだけではなくて、実はベータ版を使い続けているユーザーもわずかですが、いることを忘れてはなりません。最近あるサイトのアクセスログで調べてみたところ、下記のような結果になりました。

IE7正式版
(XP SP2)
2,127
(約71.6%)
IE7正式版(Vista)617
(約20.8%)
IE7β3(XP SP2)117
(約3.9%)
IE7β2(XP SP2)57
(約1.9%)
IE7 RC1(XP SP2)52
(約1.7%)
IE7(Vista RC1)2

Vista RC1のIE7については、考慮しないにしても、実に5種類のIE7が現在、ネット上では利用されていることが分かります。ベータ版の利用者はβ2・β3・RC1の合計で約7.6%(≒13人に1人)となっています。また、より完成度の高いRC1ではなくてβ3のユーザーの方がシェアが高いことも面白い結果です。

続きを読む "少なくとも5種類のIE7が現在、存在します"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/04/07

(再掲載)Windows Mailで「ゴミ箱」内のメールが削除できなくなる現象 -- 自分の環境でも起こりました!



先月30日に、
● Windows Mailでメールを削除できない不具合?
http://shimax.cocolog-nifty.com/search/2007/03/windows_mail_07e5.html

という記事を書き、「まだ自分の環境では起こっていないけど」と他人事のように書いていました。すると、自分の環境でも起こってしまいました。「ゴミ箱」(とっていも、デスクトップにあるものではなくて、Windows Mail内のフォルダー名)の中のメールを削除しようとすると、下記のようなエラー「不明なエラーが発生しました」が表示されました。



「一応の解決」を見た解決策までの長い道のりをだらだらと書いてみたいと思います。(途中の方法は、必ずしも正しい方法ではなく、真似しないほうが絶対にいいですし、最後に紹介する方法も「一応の解決」ですが、代償もあります。また、環境によっては期待通りにならないこともあるかもしれませんので、最終的には自己責任で対応お願いします。)

Windows Mailを一日一回は終了させますが、終了時にゴミ箱の中を空にする設定にしているのに、今日ふと見てみると1,800通ものメールが残っていました。普段は700通ぐらいになることはあっても、こんなに多いのは初めてです。もしかして、たまたま、この2・3日終了させることがなかったただけかなと思って、ゴミ箱の中のメールを手動で全選択して削除しようとしたら上のようなエラーが出たというわけです。じゃ、Windows Mailをいったん終了させたら、自動で削除してくれるかなと思って、いったん終了させて、Windows Mailを再起動させたところ、やっぱり削除されていません。

その後、いろいろ試行錯誤をしたのですが(手順としてよくなかったところもあったのですが、とりあえずありのままのレポート。)、まず、メールの置き場所を移動させました。Cドライブに置きっぱなしでしたので、こいつをまずEドライブに移動させることにしました。

Eドライブに「win_mail」というフォルダーを作成しました。その後、Windows Mailのメニューの「ツール」→「オプション」→「詳細設定」→「メンテナンスとトラブルシューティング」の「メンテナンス」ボタン→「メッセージのクリーンアップ」の「メッセージボタン」で変更が可能です。



15,000通以上のメールがあって、容量も300MB近くあったみたいですから、結構時間がかかりました。結果的には、この移動は解決とは何の関係もありませんでした。ただ、Cドライブに置き続けるのはWindowsを再インストールする場合などに厄介ですので、今回の移動は無駄ではなかったと思います。

続きを読む "(再掲載)Windows Mailで「ゴミ箱」内のメールが削除できなくなる現象 -- 自分の環境でも起こりました!"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Mac OS X v10.5 Leopardはいつ発売されるのか?



<< -- 2007年4月13日午後14時35分ごろ追記 start -->>

Leopardの出荷が大幅に遅れそうだというニュースが流れてきました。

● Mac Leopardの出荷、10月以降に延期!!
http://shimax.cocolog-nifty.com/search/2007/04/mac_leopard10_21f3.html

<< -- 2007年4月13日午後14時35分ごろ追記 end -->>


Vistaが発売されて早くも2ヶ月が経過しました。その間、Mac OS X v10.5 Leopardの発売を今か今かと待っていますが、なかなかですね。3月頃に発売されるという観測も以前はあったような気がしますが・・・。さらに、最近では、

● MacRumors.com
http://www.macrumors.com/2007/03/12/leopard-to-pounce-in-mid-late-april/

では、3月12日地点の観測として、「一部の匿名の消息筋の情報として、3月の後半、もしかしたら『Adobe's Creative Suite 3』のリリースに合わせて、発売日が発表されるのではないか。そして4月中旬から下旬にかけて、実際に発売開始になるのではないか」という噂を紹介しています。

ただ、このMacRumors.comでは、この噂に対して懐疑的な姿勢も示しています。お見事な状況把握です。結局、3月中に発売日が予告される事実はありませんでしたから。何でも、「開発者向けに3月2日に配布されたLeopard」には、「多くの進展が見られるものの、まだまだ重大なバグが残っており、(リリース前に)フィックスされなければならないバグが多い」ということです。

それじゃ、いったい何時のことになるやら。ただ、その兆しもちらほら。Amazon.co.jpでは予約を開始しているわけではないのですが、「Mac OS X v10.5 Leopard(仮称)」として既にページが設けられていますね。ASIN番号「B000J1R4U4」で。注文が可能になった場合にはメールで知らせてくれるということで・・・。

Leopardに搭載されるという「Time Machine」機能については、個人的には全く関心がないですが、Safariにどんな機能追加・バグフィックス(or バグ追加)がもたらされるか関心があります。Tigerの時には、webarchive形式がサポートされましものね。



So-net ADSL(12M)なら月額1,974円!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/06

Windows版IEで印刷プレビューするとページ数が無限に増えていく現象



今日、ココログのアクセス解析を調べていたら、「html 印刷 ページ数 無限」で検索してきている人に気づきました。確かに、去年の11月になりますが、

● IE7の印刷機能(IE6より強化されているものの、特定ケースでの「不具合?」は残ったまま?)
http://shimax.cocolog-nifty.com/search/2006/11/ie7ie6_6a88.html

という記事の中で、印刷プレビューのページ数が無限に増えていく現象について書きました。それでヒットしているのが分かりました。

実際に上記のキーワードでGoogleで調べてみますと、

● GAC [20201] HTMLの印刷プレビューのページ数が無限に増える
http://www.gac.jp/article/index.php?stats=question&id=20201&command=msg

がトップでヒットしました。この相談者のソースをコピーして実際にIE7(Vista)で表示させて見ました。その上で印刷プレビューすると、確かに、不具合を確認できました。印刷予定数のページ数が無限に増えていきます。IE6 SP2でも再現できました。

詳しく検証はしていませんが、恐らくこの不具合?の原因は、

の部分ではないかと思います。heightが1469もある画像があるために、画像を適当なサイズで切りたいのに、複雑なテーブル構造になっているために(rolspan=23でcolspan=8ですからね。詳細は、上記GACのサイトで相談者の投稿ソースを確認してください。)、どこで切ればいいのかを上手に計算できず、無限ループに陥っているのではないかと思います。

また、この推測を裏付けるマイクロソフト社の技術文書もすぐに見つかりました。

● Internet Explorer 5.5 SP2 の文書を印刷するとき、無限ノンブルが発生します。
http://support.microsoft.com/kb/310149/ja

機械翻訳の日本語が無茶苦茶なことが多いですが、この文書内の原因についての考察「HTML ドキュメントを印刷するために、必要なページ数を計算しようとすると、 Internet Explorer が無限 page-numbering ループに入るのが原因でこの問題は発生します。 」の部分はOKだと思います。ただ、常に原文を当たられることをお勧めいたします。

●Infinite Pagination Occurs When You Print a Document in Internet Explorer 5.5 SP2
http://support.microsoft.com/kb/310149/en-us

ここでは、IE5.5 SP2のことしか言及されていませんが、HTMLソースの構造によっては、IE7でもIE6 SP2でも同様の現象が起こることがあるということだと思います。ちなみに、上記のGACでの相談者の投稿されたソースを保存したファイルをFirefoxで表示し印刷プレビューした場合には、ちゃんと3ページで収まるようになっていて、異常は発生しませんでした。やはり、IE特有の現象のようです。

ちなみに、このような印刷プレビューでページ数が無限に増えていくページを、IEから印刷しようとすると、いつまで経ってもプリントが始まりません。大量に紙が消費されるわけではなさそうですので良かったですが、CPUを無駄に使わせる攻撃として、セキュリティホールにならなければと思います。



【格安パソコンなら!ソーテックオンラインショップ!】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows Vista上で一部のウェブサイトが表示されない場合、ウイルスバスターが関係しているかも

先ほど、
●ウイルスバスター2007で、[セキュリティ診断]を実行すると毎回MS07-013が検出される
http://shimax.cocolog-nifty.com/search/2007/04/
2007ms07013_13e7.html


という記事を書きましたが、ついでにウイルスバスター2007に関するトラブルシューティングで興味深いものがないか、ざっくりと見てみました。


[PR]音楽再生・動画再生ならリアルプレーヤープラス!

すると、なかなか面白いもの(悩んでいる人には、心外でしょうが・・・。)を見つけました。

● [ウイルスバスター2007] Windows Vista上で一部のウェブサイトが表示されない
http://esupport.trendmicro.co.jp/supportjp/viewxml.do?ContentID=JP-2061440

・URLフィルタ
・フィッシングチェッカー
・個人情報の保護

を使っている場合に起こりうるそうです。私は上のどれも使っていないので関係ないみたいです。フィッシング詐欺なんて人目で分かりそうですし、IE7にもフィッシングサイト対策はありますから、ただパソコンが重くなるだけの気がして、切ってあります。

なお、この技術文書には、Microsoft社より公開されている技術情報への参照がありますが、日本語のサイトにリンクされています。この機械翻訳の日本語は意味不明ですので、英語の分かる人は必ず、オリジナルの技術文書を読まれることをお勧めいたします。

● A Web site sends data very slowly or drops the data completely when you use Windows Vista Enterprise
http://support.microsoft.com/kb/929868/en-us

タイトルから明らかなように、Vista Enterpriseを使っているときに起こると言っているのですが、上述のトレンドマイクロ社の技術文書には、Vistaのエディションについての言及はありませんでした。私は、URLフィルターなどは切っている上に、安物の「Home Basic」を使っているので関係がないということかもしれません。

なお、上述のトレンドマイクロ社の技術文書には、「確認している本現象が発生するウェブサイト」として、「一部の公衆無線LANサービスのログインページ」と割と具体的に例示されています。心当たりのある方は是非一度、チェックしてみてください。

私はウイルスバスター2007では経験したことはないですが、ウイルスバスター2003のころだったか、かなり前に、「パソコンをしばらく(数時間から10時間程度)利用していると、『File Not Found 404エラー』や『Forbidden 403エラー』が激増し、アクセスしているはずのないURLに勝手にブラウザがアクセスしだして、結局Windowsを再起動せざるをえなくなる現象」に悩まされたことがあります。画像などが途中から表示されなくなったりしていました。そういう場合、決まってWindowsを再起動すると修復されるのですが、何だか気持ち悪い現象でした。

なお、Vistaのインターネット関連の不具合についての記事(Windows MailやIE7に関する記事が中心)は下記にまとめていますので、よかったら読んでください。

● Vistaとインターネット
http://shimax.cocolog-nifty.com/vista/




【格安パソコンなら!ソーテックオンラインショップ!】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウイルスバスター2007で、[セキュリティ診断]を実行すると毎回MS07-013が検出される



Windows XP SP2でウイルスバスター2007を使っていて、先日不思議なことに気づきました。Windows Updateは自動更新にしているにもかかわらず、「セキュリティ診断」が実行されると毎回MS07-013がまだ対応未完了と出ます。そんはずがないと思ってWindows Updateサイトにアクセスすると、やっぱり導入されていないセキュリティパッチはないと出ます。

あれれって思っていて、そのうち、トレンドマイクロ社が対応するだろうと思って問い合わせもしないで放っておいたら、今日の夜10時ジャストにまたウイルスバスターのセキュリティ診断が自動的に動き出して、「MS07-013」がまた出てきました。念のため、Windows Updateサイトでチェックするものの、「問題なし」。

Googleで「MS07-013」「ウイルスバスター」で検索してみると、すぐに該当サイトが見つかりました。

● ウイルスバスター2007 - 15.x, ウイルスバスター2006 - 14.x
[セキュリティ診断]を実行すると毎回MS07-013が検出される

http://esupport.trendmicro.co.jp/supportjp/viewxml.do?ContentID=JP-2061558&id=JP-2061558

要は「一部の環境のみで起こることであり、調査中」とのこと。更新日は3月30日となっていますが、まだ、パターンファイルの修正は行われていないですね。一部というのが、どれぐらいのことなのかは不明ですが・・・。私は、その「一部」に入ってしまいました。Vistaでもウイルスバスター2007を使っていますが、Vista端末では、この「MS-7-013」は検出されないので、確かに「一部」なのかもしれません。



東芝ダイレクトPCなら、配送料金が全国無料!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/05

日本HP社の近未来製品説明会に参加してきました



先日、日本HP社の近未来製品説明会に参加してきました。アフィリエイトASPの老舗・バリューコマース社の(有力?)パートナー限定で招待されて東京まで行ってきたのでした。交通費も全額出してもらえたのでした。

東京には約10年ぶりぐらいに行きましたが、10年前に比べても、さらに人々の動きが早くなったというか、せわしないというか、人が多すぎるというか、田舎ものの私はかなり疲れました、正直な話。何回も人に、カバンを踏まれました。

で、せっかく交通費まで出してもらいましたので、肝心の「近未来製品説明会」について書きたいと思います。





上のような映画に出てくるような製品イメージが紹介されました。

なお、このアフィリエイト・パートナー向けの製品説明会の時の模様ではないのですが、

● ITmedia +D PC USER:HPが考える未来予想図:真の創造とは複雑なモノを簡単にすることだ――HPのデザイン哲学 (1/2)
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0703/28/news020.html

に同様の製品説明会を紹介する記事があります。さすがプロだけあって、ものすごく上手にまとまっていますので、私が追加で説明することはないように思います。追加で説明して間違いがあってもいけないですし・・・。

続きを読む "日本HP社の近未来製品説明会に参加してきました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »