« Mac OS X v10.5 Leopardはいつ発売されるのか? | トップページ | 少なくとも5種類のIE7が現在、存在します »

2007/04/07

(再掲載)Windows Mailで「ゴミ箱」内のメールが削除できなくなる現象 -- 自分の環境でも起こりました!



先月30日に、
● Windows Mailでメールを削除できない不具合?
http://shimax.cocolog-nifty.com/search/2007/03/windows_mail_07e5.html

という記事を書き、「まだ自分の環境では起こっていないけど」と他人事のように書いていました。すると、自分の環境でも起こってしまいました。「ゴミ箱」(とっていも、デスクトップにあるものではなくて、Windows Mail内のフォルダー名)の中のメールを削除しようとすると、下記のようなエラー「不明なエラーが発生しました」が表示されました。



「一応の解決」を見た解決策までの長い道のりをだらだらと書いてみたいと思います。(途中の方法は、必ずしも正しい方法ではなく、真似しないほうが絶対にいいですし、最後に紹介する方法も「一応の解決」ですが、代償もあります。また、環境によっては期待通りにならないこともあるかもしれませんので、最終的には自己責任で対応お願いします。)

Windows Mailを一日一回は終了させますが、終了時にゴミ箱の中を空にする設定にしているのに、今日ふと見てみると1,800通ものメールが残っていました。普段は700通ぐらいになることはあっても、こんなに多いのは初めてです。もしかして、たまたま、この2・3日終了させることがなかったただけかなと思って、ゴミ箱の中のメールを手動で全選択して削除しようとしたら上のようなエラーが出たというわけです。じゃ、Windows Mailをいったん終了させたら、自動で削除してくれるかなと思って、いったん終了させて、Windows Mailを再起動させたところ、やっぱり削除されていません。

その後、いろいろ試行錯誤をしたのですが(手順としてよくなかったところもあったのですが、とりあえずありのままのレポート。)、まず、メールの置き場所を移動させました。Cドライブに置きっぱなしでしたので、こいつをまずEドライブに移動させることにしました。

Eドライブに「win_mail」というフォルダーを作成しました。その後、Windows Mailのメニューの「ツール」→「オプション」→「詳細設定」→「メンテナンスとトラブルシューティング」の「メンテナンス」ボタン→「メッセージのクリーンアップ」の「メッセージボタン」で変更が可能です。



15,000通以上のメールがあって、容量も300MB近くあったみたいですから、結構時間がかかりました。結果的には、この移動は解決とは何の関係もありませんでした。ただ、Cドライブに置き続けるのはWindowsを再インストールする場合などに厄介ですので、今回の移動は無駄ではなかったと思います。

その次に、この前の記事でも間接的に紹介しました「WMUtil」という海外製のWindows Mail修復ソフトを使ってみましたが、何も変化がありませんでした。

次に、分かりやすい場所に移動したWindows Mail関連のファイルを直接見ようとして、エクスプローラを起動して、Eドライブのwin_mailフォルダーをブラウザしてみました。構造は思った以上にシンプルで、「E:\win_mail\Local Folers\Deleted Items」というフォルダーが「ゴミ箱」であることはすぐに分かりました。

この「Deleted Items」というフォルダーを開けてみると、



のようになっていて、Outlook Express時代とは違って、とても分かりやすい構造になっています。個別のメールが****.emlになっています。ラッキー!! 解決は近いとそのときは思いました。まず、このフォルダー内のメールを全選択して、右クリックで削除してみました。すると、先ほどの「不明なエラー」が出ました。その後、特定のメールが削除できなくなっていることが原因かもしれないという仮説の元に、20ぐらいのメールを選択して削除したところ成功!! やっぱり削除できるけど、特定のメールが邪魔しているだけだと思って、その特定のメールの正体解明に向けてわくわくしながら、20ぐらいのメールを選択しては削除する作業を繰り返しました。



抜群の検定試験合格率! 日本語教師を育てる実績のプログラム


途中で、Windows Mailを起動すると確かに、「ゴミ箱」内のメールの数は減っています。成功です。

しかし、このフォルダーの中には1,800通ものメールが存在していましたら、だんだん疲れてきました。そのため、もっと簡単な方法はないかと、結果的には意味のないことをしました。まず、この「Deleted Items」を「Deleted Items_b」と別名のフォルダー名にしました。その後、「Deleted Items」というフォルダーを手動で作成。これでどないやー!とWindows Mailを起動させました。すると、ゴミ箱内のメールは消えていません。正確に言うと、メール一覧のパネルには存在しますが、個別のメールを選択するとプレビュー画面では「メールがない(から表示できない)」と出ます。つまり、ゴミ箱(その他のフォルダーも含めてでしょうが)内のメールの一覧を何か別のファイルで管理しているものだから、このような現象が起こっていることが推測できます。実際、後から気づきましたが、WindowsMail.MSMessageStoreという20MB以上もあるファイルを秀丸エディターで開いてみると、それっぽいなと感じます。つまり、手動でフォルダー名を変えて、新規のフォルダーを作成する方法では整合性が取れないことになり、やってはいけないことなのでした

それでも、プレビューはされないデータですが、個別には削除できますので、その後も削除活動を繰り返しました。やっぱり疲れるので、メッセージの検索で「4月6日以降に受信したメール」を検索して全削除したところ、一挙に減りました。同じように、「4月5日に受信したメール」を検索して全削除しようとすると「不明なエラーが発生しました」が表示されます。ついにやりました!! 4月5日に受信したメールの中に異常なデータがあることに間違いありません。

さらに手動で削除を繰り返してみて、だんだん絞られてきました。特定のメールを削除しようとすると、「不明なエラーが発生しました」と出ます。この「削除できないファイル」と「削除可能なメール」を同時に削除しようとした場合、前者が後者より上にある場合は、後者が削除される前に「不明なエラーが発生しました」というエラーになり、2通とも削除されずに終わりますが、逆の場合は、「削除可能なメール」だけは削除されます。分かりやすいです。

ただ、1通だけではなく、何通も削除できないメールがありました。最終的には80通ぐらいが削除できずに残りました。80通もあると、個別のメールに原因があるとも思えません。特定の件名とかが原因で削除できないのでは?という推測は見事にはずれました。

八方塞になってしまいましたので、前回の記事でもご紹介していた
●PLANEX@OKWave Vistaメールの削除ができません。
http://internet.okwave.jp/qa2827652.html

で紹介されていた方法を使ってみることにしました。ここでの方法は、
「stationaryフォルダ」以外はすべて削除しました。再びwindowsメールを起動すると、初期化された状態になり、エラーの原因となったメールも削除されています。

メール、アカウントなど全て削除された状態になりますので、あらかじめエクスポートしておく事をお勧めいたします。
というものです。

まず、「E:\win_mail」を丸ごとバックアップしておきました。その後、言われたとおりに、「stationaryフォルダー」以外のフォルダーを削除してみましました。Windows Mailを起動しました。「おおー、受信トレイも空。すっきり」です。その後、バックアップしたメールからインポートしましたが、インポートしたメールは「インポートされたフォルダ」というフォルダーの中に全て入っています。Outlook Expressのときもそうだったような気がしましたが、これが第一の誤算でした。結構、フォルダーをたくさん作成していましたので、元のフォルダー構造に復元する作業(移動)が大変です。

まず、受信トレイのメールが「インポートされたフォルダー\Inbox」に入っていますのでそれを受信トレイに移動させました。すると、無事に受信トレイにメールが復活しましたが、全てのメールが開封済みになっていて、これが第2の誤算でした。

しかも、Drag&Dropでフォルダーを移動させると、過去に作成したメッセージルールがうまく動かないことが後で分かりました。Drag&Dropフォルダーで例えば、「インポートされたフォルダー\mac」というフォルダーを「受信トレイ\mac」に見た目だけ移動させるだけでは、「受信トレイ\mac」というフォルダーを見つけられないようで、前のメッセージルールが動くようにはなりません。メッセージルール自体は残っていますが、フォルダーの再指定が必要になっています。

アカウントの設定以降は簡単でした。account{5A9F0***-****}.oeaccountというようなアカウントファイルをバックアップから、コピーしたところ、アカウント設定が全て前と同じように有効になりました。私の場合、15個ぐらいメールアカウントがありますので、再設定は大変だなと思っていたのですが、これは非常に簡単でした。Outlook Expressのときよりずい分良くなっています。

そして、一番肝心の「ゴミ箱内のメールが削除できない」件も解消されました。そういう意味では良かったですが、メールが全て開封済みになってしまったことだけが残念です。いまさらですが、こうなると最初から分かっていたら、できるだけ削除できるメールは手動で削除した上で、毎日一回、メッセージの検索で最近受信したメールのみ検索して一括削除する作業をした方がよかったかなと思います(削除できないメールと一緒に削除しようとするとエラーになることは上述のとおりです。削除できないメールは日付がどんどん古くなっていきますから毎回一括削除ではエラーになります)。まだ買ったばかりなのに、一括削除ができず、こういう手動での削除に頼らないといけなくなるのは悔しいですが、そのほうがむしろ良かったかもと思います・・・。

また、この現象が起こった原因はやはり不明です。この不具合が出てきた時期はネット上の投稿が出現した時期に近いとも言えますが、例えば、「Windows Mailは60日間使うとそういう不具合が出る」とか「メールが15,000通を超えるとそういう現象が起こる」とか「メールの容量が300MB近くになると、そういう不具合が出る」とかいのは分かりません。ただし、一つだけ、もしかしてということがあります。数日前、何かの操作をした時に「メモリー不足」となって、真っ白の画面になり、Windows Mailを強制終了させたときがありました。それが、削除できなくなったメールのうちもっとも古い日付の4月3日だったかは、はっきりとは覚えていません。

WindowsMail.MSMessageStoreという20MB以上もあるファイルの破損が原因のような気がしてなりませんが、やはりマイクロソフト社からの技術文書の公開・不具合修復プログラムがリリースされなければ分からないですね。



Bフレッツ3ヶ月無料! JRのプロバイダ【サイバーステーション】

|

« Mac OS X v10.5 Leopardはいつ発売されるのか? | トップページ | 少なくとも5種類のIE7が現在、存在します »

コメント

やってはいけないことなど、とても有益で、参考になりました。ありがとう。
でも素人なので解決出来るかどうか、また試してみるかもわかりません(間違ったことをして、PCの初期化しなければならない状態になるのが怖い)。ゴミ箱にたまりすぎるとこまりものですが。
でも不思議なのは解決された方はMSに対して怒ってらっしゃらなくて、情報の公開を求めているだけでした。技術系の方は鷹揚で、同情もされるのでしょうね。
しかし、単なるユーザーとしての私は違います。使えないものをそのままにしているMSに憤りを感じます。「完全な商品になってから売れ」と言いたいです。
記述してもしょうがないのでしょうが、正論はいつか通ると信じて投稿しますと同時に解決者に謝辞を申し上げます。

投稿: won68 | 2007/07/17 15:32

↑ そうだ、そうだ。
送信フォルダにこれが発生しています。
これ1件があるために、新しいメールの総h信ができなくなっています。
MS殿、某日本国の与党みたいに開き直っていないで、
金、返せ!!!

投稿: ウル | 2007/08/04 11:00

私のPCにもついにごみ箱を削除出来ない現象が現れました。
こちらの記述を参考に下記内容で実行したところ削除に成功
今のところ支障なく通常通りmailを閉じると
ごみ箱は空になっているので手順を記述します。

1、Dドライブに「win_mail」というフォルダを作成
  DドライブがなければCドライブでよい
2、Windows Mailのメニューの「ツール」→「オプション」
  →「詳細設定」→「メンテナンスとトラブルシューティング」の
  「メンテナンス」ボタン→「保存フォルダ」の「保存場所」→
  「変更」保存先にD:¥win_mailを指定→OK
3, D:¥win_mailを開く
4、Local Folders→Deleted Itemsのファイルを全部削除
5、D:¥win_mail→Backup内のnewを除き削除する
  New内にファイルがあれば削除
6、winメール内のごみ箱を確認
  もし残っているようなら
  右クリックで「ごみ箱」フォルダを空にするを実行


投稿: gaojian | 2007/11/22 12:07

私も同じように削除できないメールが出ました。
私の場合は、「送信トレイ」に削除できないメールができたため、
メールの送信ができなくなってしまいました。

以前、こちらの記事を参考に削除できたのですが。
また、同じ現象が起きたため、改めて解決方法を探ったところ、
マイクロソフトから更新プログラムが出ていることが分かりました。

更新プログラムをインストールしたら、
「送信トレイ」に残っていたメールは削除できるようになりました。

同じ現象で悩んでいる方は、参考にしてみてください。

Windows Vista 用の更新プログラム (KB941090)
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=09f002d9-a140-42a8-99f5-a86f2b7e39f1

こちらに書かれている情報が非常に役立ったため、
お礼までにコメントを書かせていただきました。

投稿: 通行人 | 2008/02/18 01:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67411/14595875

この記事へのトラックバック一覧です: (再掲載)Windows Mailで「ゴミ箱」内のメールが削除できなくなる現象 -- 自分の環境でも起こりました!:

« Mac OS X v10.5 Leopardはいつ発売されるのか? | トップページ | 少なくとも5種類のIE7が現在、存在します »