« Windows版Safari、早くもセキュリティ・アップデート(3.0.1リリース) | トップページ | Windows版Safari(β版)で、改行を含む文字列をalertで表示させると変になる不具合 »

2007/06/14

Safari 3のリサイズできるテキストエリアについて(スタイルシートで制御する方法)

Safari 3のβ版の不具合ばかりがどうしても目に付きますが、なかなか便利と思う新機能もあります。例えば、テキストエリアのサイズをマウスで右下をつまんで、広げたり狭くしたり、変更できるのです。

ただ、ユーザー側には便利な機能でもウェブマスターの中にはそのようにされたくない人もいるかもしれません。例えば、レイアウトが崩れてしまうなどの問題が考えられます。あるいは、本質的な解決策では全くないのですが、テキストエリアのデフォルトの大きさで、だいたいのメッセージの分量を暗黙のうちに悟らせたい(あまり長い文章は送ってこないでほしい)場合などは、リサイズを制限したいかもしれません(結局は、サーバ側プログラムでlengthチェックをしなければなりません)。

そのような場合、解決策があります。スタイルシートの設定で可能なことをWindowsとMacのSafari 3で確認しました。

1.リサイズを完全に禁止したい場合:
<textarea cols=70 rows=10 name=message style="resize:none;"></textarea>

2.リサイズを縦方向にだけ許可し、横方向は禁止したい場合
<textarea cols=70 rows=10 name=message style="resize:vertical;"></textarea>

3.リサイズを横方向にだけ許可し、縦方向は禁止したい場合
<textarea cols=70 rows=10 name=message style="resize:horizontal;"></textarea>

4.リサイズの許容最大値・最小値を設定する
<textarea cols=70 rows=10 name=message style="max-width:700px;max-height:500px;min-width:300px;min-height:80px;"></textarea>

なお、リサイズできるのはテキストエリアのみで、「input type=text」には適用されないようです。ああ良かった。



ホスティングサービス2万6千社のビジネス利用の実績。50種類以上の機能を標準搭載し、ギガディスク時代に対応した安心のディスク容量を提供。

|

« Windows版Safari、早くもセキュリティ・アップデート(3.0.1リリース) | トップページ | Windows版Safari(β版)で、改行を含む文字列をalertで表示させると変になる不具合 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67411/15433944

この記事へのトラックバック一覧です: Safari 3のリサイズできるテキストエリアについて(スタイルシートで制御する方法):

« Windows版Safari、早くもセキュリティ・アップデート(3.0.1リリース) | トップページ | Windows版Safari(β版)で、改行を含む文字列をalertで表示させると変になる不具合 »