« Windows版Safariで日本語を扱う方法(完結編) | トップページ | Mac版IEでGoogle AdSenseの広告が表示されなくなった訳 »

2007/06/17

Safari 3 Betaでは旧バージョンの数々の不具合(JavaScript関連など)が修正されています



先日リリースされたSafari 3 BetaはWindows版では入り口のところでまともに動かないことが多くて、細かいところまで気づくことができなかったのですが、日本語環境がやっとまともになってきましたので、旧バージョンでの不具合が修正されているかを調べてみました。

●1.SafariとGoogle AdSense(糸編の漢字が大量出現し、文字化けする場合) -2006/9/25
http://shimax.cocolog-nifty.com/search/2006/09/safarigoogle_ad_90d5.html

で書いた文字化けの原因は、Safariでは、document.charsetもdocument.characterSetもサポートされていないためとしていたのですが、Safari 3 betaではこれらのプロパティの取得が可能になりました。EUC-JPの場合はdocument.charsetもdocument.characterSetも「Extended_UNIX_Code_Packed_Format_for_Japanese」になります。

 今改めて試してみると、最新のSafari 2.0.4では、Google AdSenseの文字化けは起こっていませんね。ただし、document.charsetもdocument.characterSetも2.0.4ではサポートされていないのは変わりません。3.0になってからの(遅ればせの)新機能になります。ですから、Google AdSenseの文字化けが直った理由は、Google AdSense側での対処が何かあったのかもしれません。)

●2.Safariと半角円マーク(EUC-JP編) -2006/9/6
http://shimax.cocolog-nifty.com/search/2006/09/safarieucjp_f4e8.html

EUC-JPのページの場合、半角円マーク「\」でも半角のバックスラッシュ(Macだと、optionキーを押しながら半角円マークが刻印されたキーで入力できます。)でも、ともにフォームデータが送信された時点で「クエスチョンマーク=『?』」に文字化けしてしまうという問題がありましたが、Safari 3 Betaでは修正されています。Windows版でもMac版でも、この問題は起こりません。

●3.Safariと半角円マーク(Shift_JIS編) -2006/9/7
http://shimax.cocolog-nifty.com/search/2006/09/safarishift_jis_6a0f.html

「Shift_JISでエンコードされたページにて、Safariで日本語と共に入力した半角のバックスラッシュが全角のバックスラッシュに文字化けする」という問題がありましたが、Safari 3 Betaでは、この問題は修正されています。

●4.Safariと画像オブジェクトのonloadイベント -2006/9/8
http://shimax.cocolog-nifty.com/search/2006/09/safarionload_6d32.html

画像オブジェクトでonloadイベントやonerrorイベントが正しく動作しない場合がある問題も、Safari 3 Betaでは修正されています。Safari 2.0.4では、特定のケースについて、画像の読み込み失敗しても、onerrorイベントが発生せずに、onloadイベントが発生していました。

●5.Safariとカーソルキー(onkeypressイベント取得時) -2006/9/12
http://shimax.cocolog-nifty.com/search/2006/09/safarionkeypres_a96e.html

の記事で書いた、「4つのカーソルキー(矢印キー)『←』『↑』『→』『↓』を押したときだけ、2回イベントが発生する」という問題は、Safari 3 Betaでは修正されています。

ただし、Safari 3 Betaではなくても、最新のTiger 10.4.9+Safari 2.04では、この問題は発生しません。Tiger 10.4.8+Safari 2.0.4では問題が確認されます。実は、メジャーバージョンアップ時以外でも、細かい修正は行われているということですね。(Pantherの最新版 10.3.9+Safari 1.3.2では修正されていません。以前のままです。)

実に、
●Safariバグ情報(文字化けのメカニズムと解決策など)
http://shimax.cocolog-nifty.com/safari_bug.html

で指摘させていただいた5つの問題とも全て解決されています。Apple開発チームの皆さんの努力に感服するばかりです。私のページを見て改善されたとは考えにくいので、私以外にもこれらの問題を指摘する人の声がそれだけ多かったということもあるのでしょうね。



ネットショップ開業サービス。オンラインショップ構築ならMakeShop!

|

« Windows版Safariで日本語を扱う方法(完結編) | トップページ | Mac版IEでGoogle AdSenseの広告が表示されなくなった訳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67411/15466947

この記事へのトラックバック一覧です: Safari 3 Betaでは旧バージョンの数々の不具合(JavaScript関連など)が修正されています:

« Windows版Safariで日本語を扱う方法(完結編) | トップページ | Mac版IEでGoogle AdSenseの広告が表示されなくなった訳 »