« Windows版Safariでユーザーエージェントを偽装する方法 | トップページ | Windows版Safariの不具合(日本語・お気に入り関連以外。SSLの証明書問題など) »

2007/06/14

Windows版Safariで日本語を扱う方法(続編)



Yahoo! BB

今回、Windows版Safariのベータ版がリリースされた当日、
●Windows版Safariファーストレビュー(日本語環境での利用方法)
http://shimax.cocolog-nifty.com/search/2007/06/windowssafari_b444.html
という記事を書きましたが、

この時点では、一部のサイトで日本語がやっぱり正しく(=「意図通りに」)表示されない現象がありました。例えば、

  • ページタイトルに日本語が使われているサイトは日本語部分はスペース文字になります。
  • スタイルシートなどで日本語の混じったフォント(「MS ゴシック」など)を指定している場合、その部分は全く表示されません。
  • フォーム・ボタンに設定したラベルなどの日本語は全く表示されません。また、フォームのプルダウンの日本語も全く表示されません。(どこをいじれば日本語が表示されるようになるのか、今のところ分かりません。)
  • JavaScriptのアラート(alert)で表示される日本語は全部スペース文字になります。英数字のみ正しく表示され、完全な虫食い状況。
しかし、これらの問題は、

●いがいがにっき「safari for windows のメニューやページの文字化けを直す」
http://d.hatena.ne.jp/narren/20070612

で紹介されている方法及び、上記サイトからリンクされていました

●最速インターフェース研究会 :: Safari for Windows betaで日本語表示する方法
http://la.ma.la/blog/diary_200706120455.htm

で紹介されている方法により、大部分解決しました。ページタイトルの日本語も正しく表示されるようになり、またフォームボタンに設定したラベルなどの日本語も正しく表示されるようになりましたし、JavaScriptのalertで表示されている日本語もしかりです。これでかなり使えるようになりました。感謝感激です。

しかし、まだ、「スタイルシートなどで日本語の混じったフォント(「MS ゴシック」など)を指定している場合、その部分は全く表示されません」という問題だけは、それでも解決していません。

--- 2007年6月15日17時59分ごろ追記start ---
本現象に対する解決策を本ブ記事に対するコメントで教えていただきました。それをまとめましたのが、

●Windows版Safariで日本語を扱う方法(完結編)
http://shimax.cocolog-nifty.com/search/2007/06/windowssafari_5630.html
です。
--- 2007年6月15日17時59分ごろ追記end ---



PHP・MySQL・SSL対応のレンタルサーバ

|

« Windows版Safariでユーザーエージェントを偽装する方法 | トップページ | Windows版Safariの不具合(日本語・お気に入り関連以外。SSLの証明書問題など) »

コメント

スタイルシートの font-family 対策です。
http://suisui.dip.jp/mt/suisui/2007/06/safari_3b_for_windows.html

ユーザーCSS が読み込まれないバグの対応でもあります。

投稿: suisui | 2007/06/15 14:45

suisuiさん、どうも情報提供ありがとうございます。これはすばらしい。

フォント名に日本語が指定されているサイトもこれで直りました。

投稿: 管理人 | 2007/06/15 16:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67411/15428246

この記事へのトラックバック一覧です: Windows版Safariで日本語を扱う方法(続編):

« Windows版Safariでユーザーエージェントを偽装する方法 | トップページ | Windows版Safariの不具合(日本語・お気に入り関連以外。SSLの証明書問題など) »