« Windows版Safari(β版)で、改行を含む文字列をalertで表示させると変になる不具合 | トップページ | Safari 3 Betaでは旧バージョンの数々の不具合(JavaScript関連など)が修正されています »

2007/06/15

Windows版Safariで日本語を扱う方法(完結編)



先日、

● Windows版Safariで日本語を扱う方法(続編)
http://shimax.cocolog-nifty.com/search/2007/06/windowssafari_1ac4.html
の中で、

スタイルシートなどで日本語の混じったフォント(「MS ゴシック」など)を指定している場合、その部分は全く表示されません。
と書きました。

この問題に対する解決策が見つかりました(というより、私の上記記事に対するコメントとして教えていただきました)。

●Safari 3B for Windows で日本語表示 (suisui weblog)
http://suisui.dip.jp/mt/suisui/2007/06/safari_3b_for_windows.html

にある解決策でバッチグー(古い?)です。

●Windows版Safariの不具合(日本語・お気に入り関連以外。SSLの証明書問題など)
http://shimax.cocolog-nifty.com/search/2007/06/windowssafariss_2387.html

の中で書かせていただいたカスタム・スタイルシートが読み込まれていない問題もsuisui blogさんの記事で解決されます。

結局、カスタムスタイルシートのパスが「c:\hogehoge\hoge.css」などという形式でWebKitPreferences.plistに登録されるのが原因ということでした。これをURI形式にして、「file:///c:/hogehoge/hoge.css」にすればいいということらしいです。WebKitPreferences.plistは、Vistaの場合で、「C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Apple Computer\Safari」にあります。XP(私の環境)では、「C:\Documents and Settings\Administrator\Application Data\Apple Computer\Safari」にあります。

早速、WebKitPreferences.plistにおけるWebKitUserStyleSheetEnabledPreferenceKeyがtrueになっていることを確認した上で、WebKitUserStyleSheetLocationPreferenceKeyの値をURI形式にししたところ、うまくいきました。

私も、Debugメニューを有効にする際(こちらの記事を参照してください。)に、WebKitPreferences.plistの中にありますWebKitUserStyleSheetLocationPreferenceKeyの存在は気になっていました。で、半角円マーク「\」が問題かもしれないと「/」(スラッシュ)に変更して、「c:/hogehoge/hogehoge.css」に変更するまではやっていたのですが、「file:///」をつけるのは思いつきませんでした。正直、プログラマーの端くれとして、自分で最初に発見したかったです。ああ、何で思いつかなかったのだろうと自責の念。

非常に分かりづらいと思いますが、今にして思えば、カスタム・スタイルシートを「C:\hogehoge\hoge.css」形式で指定しているとき、下記のように「There was one error opening this page. For more information, choose Activity from the Window menu.」と表示されていたんですよね。



この時点で気づくべきでした。日本語が完全に表示されるようになった喜びとともに、この解決方法に気づかなかった自分に少し腹が立ちます。



エンジニアが失敗しない転職をするためには?

|

« Windows版Safari(β版)で、改行を含む文字列をalertで表示させると変になる不具合 | トップページ | Safari 3 Betaでは旧バージョンの数々の不具合(JavaScript関連など)が修正されています »

コメント

先日の記事(Windows版Safariで日本語を扱う方法(続編))でリンクいただいたブログのものです。ありがとうございました。
しかしながら、こちら(→http://songbird.jugem.cc/?eid=1384 )の方法のほうが、とても簡単で、しかもUIのフォントの見栄えもよろしいようです。
私の苦労は無駄になっちまいました…。

投稿: narren | 2007/06/15 22:22

何にせよ、narren さんのコメントによると、nightly では日本語名フォントも対応されているようで、次のリリースに望みをつなぎたいですね。
今のはお試しにしても、常用は無理そうなので。

投稿: suisui | 2007/06/16 01:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67411/15442750

この記事へのトラックバック一覧です: Windows版Safariで日本語を扱う方法(完結編):

» Win版Safariで快適ネットサーフィン [INITIAL M]
前回のエントリでWindows用のSafari3.0が「若干残念なデキ」だということを書いた。 残念なポイントは大きく分けて3つ。 1つは日本語サイトが表示できないこと。 1つはブックマーク機能が全く使えないこと。 1つは安定性に全く欠けること。 そんなファーストインプレッシ..... [続きを読む]

受信: 2007/06/21 02:27

« Windows版Safari(β版)で、改行を含む文字列をalertで表示させると変になる不具合 | トップページ | Safari 3 Betaでは旧バージョンの数々の不具合(JavaScript関連など)が修正されています »