« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007/07/20

@niftyの「消せるメール」を試してみる



@niftyが「消せるメール」をリリースしました(参照: Internet Watch)。なんかスパイ映画みたいなことができるのか、どういう理屈(原理)なのか気になったので、早速試してみました。分かったことや感じたことを順不同で、列挙してみますと、

  • 私は最初、ネットでニュースを読んだ際に、メールソフト(Outlook ExpressやWindows Mail、Becky!など)上でメール本文が消えるということがあるのかと考えましたが、そうではありませんでした。メールソフト上で消えるとなると、メール本文を画像化したデータを@niftyのサーバに保存しておき、送信者がキャンセルした場合は、その画像がサーバから削除されるため、受信者が読むことができないような仕組みにしているのかな?と思いましたが、そうではありませんでした。

  • 受信者は結局、メールをブラウザで読むことになる。これがカラクリの全てを物語っています。私が当初想像したものよりも、もっと単純なからくりだったのです。

  • しかしながら、ブラウザで読むような仕組みであるために、受信者でさえ、パスワードを@niftyにあらかじめ登録しておかないと、メールを読むことができません。消せるメールを送る相手には、あらかじめ説明しておいたほうがトラブルを避ける意味で、良いでしょう。

  • 過去にどこかのプロバイダがメール本文をTIFF画像か何かにして読むことができるサービスをやっていたと思いますし、また、メールからFAXに送信するサービスだってあるのですから、原理的には、メール本文(テキスト)をサーバ側で画像化して送信することは不可能でないはずであり、そのようにした方が、文字通り、「消せるメール」になると思います。

  • ただ、画像形式でメールをメールソフト内で読ませる形式だと、しっかりとルール作りをしないと、文字通り、いつでも画像を削除すれば読めなくできますし、また画像に書かれたメール本文を後からは改ざんできないような仕組みにしておかないと、メールの信頼性を崩しかねないですね。

  • メール本文を画像化して送信できるサービスがあれば、有効期限付きのメールを送ることも簡単にできそうですが、昨日まで読めていたメールが今日は読めないとかいうことになると、それはそれで問題かもしれませんね。一度でもプレビュー(ダウンロード)された画像は削除できないシステムにするとか。

  • ただ、画像によるメールはスパムメールで最近多用されている方法であり、イメージがとても悪いので、これを普及させるのは困難とも思われ、やはりブラウザで読ませる@niftyの形式が無難かもしれません。

人のサービスですからどうでもいいと言えば良いのですが、頭の体操にはなりますね。こういうことをあれこれ考えるのも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/10

favicon(ファビコン)に少しはまる(IE7で表示されなかった訳)



理由が分かってしまえば、なんてことはないのですが、新しいWEBサイトを構築するに当たり、favicon.icoを作成したのですが、IE7で表示されず、1時間ほど焦りました。

ルートディレクトリーにfavicon.icoをアップロードしたのですが、いざIE7で自分のサイトを見てみるとなぜだか表示されない。FirefoxやOperaでは表示されます。あれえ、IE7だけ表示されないのは何でだ。GoogleやYahoo! Japanではちゃんと表示されているのに。あれー、作り方失敗したかな・・・。

何度も作り直してみるがやっぱり駄目。ためしに、Googleのアイコンをfavicon2.icoとして保存し、<LINK REL="SHORTCUT ICON" href="/favicon2.ico"> としてみると表示されました。この自作favicon.icoが表示されないのはデータ的にIE7では読み込めないからなのかとか試行錯誤の連続。キャッシュをクリアしても駄目。

さらに、別のパソコンにあるIE7から表示させると、ちゃんと表示されます。なんだこれ。いろいろ調べると、Safeモードで起動するなどで直ったという報告など、ほんまかないなという情報はありましたが、有力な情報になかなかたどりつけませんでした。

結局、原因は「履歴」のレジストリ情報
しかし、その中で、「キャッシュをクリアして、数日経つと、見ることができようになった」という情報がありましたので、それでピーンと来ました。キャッシュ・クリアも重要かもしれないけれど、履歴のクリアが関係しているのかもと思いました。

履歴をクリアしてみると、あっけなくfaviconが表示されました。めでたし・めでたし。IE7は賢すぎるのか、favicon.icoを設置していないサーバに何回も問い合わせにいかないようにするためなのか、一度見つからなかったという情報をどこか(たぶん、レジストリ)に保存しているみたいです。そのため、私のメインのパソコンでは、favicon設置前に、自分のサイトにアクセスしていますから、「このサイトでfavicon.icoを表示させようとしてもムダよ」という情報を私のパソコンから取得して、faviconを取得しようとしていなかったみたいです。これでは、faviconが表示されるはずもありません。教訓:「faviconが表示されない場合、キャッシュだけでなく履歴もクリアしてみるべし。(その後、念のため、起動しているIEもすべて終了させてから、IEを再び起動させてみる。)」

分かってみれば単純な話ですが、自分のサイトを一番見ているはずのウェブマスターさんだけがfaviconが表示されないと悩んでいるケースは私以外にもたくさんいそうです。実際、今回いろいろ調べている過程でも、掲示板などで相談していて、「俺のパソコンではちゃんと表示されているけれど・・・」(英語)と回答されているのを何件か見ました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/07/06

ありがとうございます。累計30万アクセス突破!!



2004年12月にこのブログを開設してから約2年7ヶ月もの歳月をかけて、昨日、やっと30万アクセスを突破しました。正直、ここまで時間がかかるとは思いませんでした。技術系のブログで人気サイトになればどれぐらいのアクセスがあるのかは全く知りませんが、ここまでアクセスを稼ぐのが大変だとは思いませんでした。

今、「累計アクセス数: 301517 1日当たりの平均: 318.39」とココログの管理者メニューには表示されていますので、301517÷318.39=947.000524と電卓は答えていますので、今日が947日目だということが分かります。301517÷947=318.39176なので、逆から計算しても正しいと分かります。今日は947日目で、昨日30万アクセスを突破したので、946日目に達成したようです。

(946日目ということは、946-365×2=216日となるので、2年と7ヶ月ですね。最初の記事の日付が2004年11月1日となっているので、あれー、それじゃ2年8ヶ月になってしまうし、「また、@niftyさん、バグっているよ」と一瞬思いましたが、よく思い出してみると、当時は記事にすることが思いつかず、1ヶ月前の出来事から記事化していったのでした。記事の日付を変更して投稿していたんですね。@niftyさん、一瞬でも疑ってしまって、ごめんなさい。)

話を元に戻しますと、最近30日の累計アクセス数は36,379となっていますので、最近は一日平均約1,200。当初より、だいぶ増えてきました。4月1日から7月5日(96日間)までのアクセス数は98,201ですから一日平均約1,000。この1ヶ月でも、総じてアクセス数は上昇していることが分かります。

20万アクセスから30万アクセスを達成するのに約100日かかりましたが、今度40万アクセスを達成するのはもっと期間を縮めてみたいです。それにしても、今まで記事は225個も書いてきたことになっているので(本記事は226個目)、一つの記事への平均アクセス数は6もないことになりますね。我ながら、笑っちゃいますね。技術系ブログで、アクセス数を公開できる方は、トラックバックやコメントをお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/02

FlashのSystem.capabilities.osはMac OS 10.4.10を検出できない?



Flashのアクションスクリプト「System.capabilities.os」はMac OS 10.4.10であっても10.4.9であると判断するようです。確かに今まで、Jaguarの場合は10.2.8が最高であり、Pantherの場合は10.3.9まで行った後は、何度セキュリティパッチなどが適用されても10.3.9のままでした。ですから、10.x.yの後の「y」の部分が10になったことは、OSXになってからは一度もなかったわけです。そのためなのか、アクションスクリプトで10.4.10なのか10.4.9なのかは区別が付かないことになっています。

最初、Flashのバージョンが9,0,28,0でしたので、最新版でないことが原因かもしれないと思いましたが、9,0,45,0でも同様でした。Adobe社のような会社ならApple社と密接な連携を取っているはずでしょうに、今回の10.4.10のリリースは、Adobe社にとっても「想定外」だったのかもしれません。アクセスログを見ていて、ぜんぜん10.4.10が増えていかないので不思議に思っていましたが、そういうことのようです。

(関連記事)●TigerユーザーのOS10.4.8移行度は75%超え(FlashによるOS判別)
http://shimax.cocolog-nifty.com/search/2006/10/tigeros104875fl_f6c5.html



ヤフオク・アマゾンで古本を売って月30万を稼ぐ方法

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Safari 3 Watch: "Safari can't open the page." error(エラーコード10053)が不定期に出る不具合



Safari 3 for Windows(β版。3.0.2)を利用していると,不定期に、「Safari can't open the page "http::///~". The error was "unknown error"(null):10053. Please choose Report Bugs to Apple from the Help menu, note the error number,and describe what you did before you saw this message.」



というメッセージが表示されることがあります。

主に私のページの表示動作テストに利用しているために、特定のページを何度も見ていることが多いのですが、はじめてみるページ(Yahoo! Japanのその日のニュースなど)では起こったことがないような気がしますので、キャッシュ関連のエラーかもしれません。このエラーが出た場合、リロードすると必ず直ります。Mac版でもこの不具合があるのかは分かりません。

Googleで調べてみると、こちらのように100件以上のヒットがありましたが、ざっくりと見た感じでは、これはという原因についての指摘は見つけられませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »