« DoCoMo?最近やたらと多いスパムメールの例 | トップページ | PHPで、いわゆる機種依存文字の文字コード変換(EUC-JP→UTF-8)にはまる »

2007/12/04

動的なHTMLソースのリアルタイム暗号化(JavaScriptソースの生成)に対応したPHPライブラリ

株式会社プランセスが、動的なHTMLソースのリアルタイム暗号化(JavaScriptソースの生成)に対応したPHPライブラリ「サーバサイドSHTML」をリリースしました。

動的なHTMLソースをサーバ上でJavaScript化するため、例えば、データベース(MySQLやPostgreSQLなど種別を問わず。)などを使った動的なページでも、ページ全体のソースがJavaScriptで難読化・暗号化されているとうわけです。

右クリック禁止やテキスト選択禁止は簡単に導入できるけれど、ソースを見られてしまえば「終わり」という問題がどうしてもあり、HTMLソース全体をJavaScriptで暗号化・難読化する製品がいくつか出ているわけです。しかし、今回画期的だと思われるのは、今までは静的なHTMLソースのJavaScript化(「難読化」・「暗号化」・「エンコード」など呼び方はいろいろあるでしょうが・・・。)は出来ても、動的なデータの暗号化には、サーバサイドのプログラムでJavaScriptを生成させるという、より複雑なことをしなければならなかったため、なかなか類似商品がなかったように思われます。

PHPで処理するわけですから、PHPで構築されたイントラネットなどで、ログインしている人物をクッキー・セッションなどで判別することにより、例えば、管理者には印刷やテキストのコピーを許可し、一般の社員には閲覧のみを許可するなどのご利用方法も可能になるでしょう。

また、社内掲示板やブログでの情報流出にも応用できそうです。発売前の市場調査などを目的としたアンケートフォームなどでの情報流出を防ぐ目的でも使えそうです。

プランセスでは、サンプルページ集も準備しています。


|

« DoCoMo?最近やたらと多いスパムメールの例 | トップページ | PHPで、いわゆる機種依存文字の文字コード変換(EUC-JP→UTF-8)にはまる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 動的なHTMLソースのリアルタイム暗号化(JavaScriptソースの生成)に対応したPHPライブラリ:

» 愚痴 [日々のDraft]
http://shimax.cocolog-nifty.com/search/2007/12/htmljavascriptp_2ac8.html 難読化は確かにされているが・・・ まずテキストのコピーを考える。 サンプルページの「イントラネット」でstaff2としてログインする。 「文字列コピー」は Ecmascriptの処理が終わり,ページをブラウザが読み込み終わった段階で 落ち着いてEcmascriptを無効にする。 こんな感じ 画像の保存 「ショッピングサイト」で検証。 Ecmas... [続きを読む]

受信: 2007/12/06 04:11

« DoCoMo?最近やたらと多いスパムメールの例 | トップページ | PHPで、いわゆる機種依存文字の文字コード変換(EUC-JP→UTF-8)にはまる »