« 2009年12月 | トップページ | 2010年3月 »

2010/01/25

iPhone用に無線LANルータ「NEC Aterm WR8300N」を購入



中古PCならUSED-PCに決まり!

iPhoneで無線LAN(C社の無線Lanルータ)を使った接続がとにかく切れやすいことで最近悩んでいました。何が一番問題かというと、仕事に全く関係ないのですが、iPhoneアプリゲームの「HOMERUN BATTLE 3D」でぼろ勝ちベースで進んでいたのに、途中退場扱いで負けることも少なくなく、また、実際には接続が切れない場合でも今回は切れないかどうかを気にしながらプレイしないといけないのでプレイに集中できませんでした。

さらに、全く接続が確立しない時があって、その件は、Googleで調べまわって、無線LANルータのDHCP機能に問題があり、IPアドレスが自動でiPhoneに割り振られないことが原因と分かりました。つながらない時というのは、169.254.*.*のアドレスになっていました。そこで、192.168.1.11というIPアドレスが割り当てられるように手動で設定しなおして、何とか接続できるようにしていました。

参照:AirMac:「169.254.x.x」IP アドレスについて
http://support.apple.com/kb/TA26003?viewlocale=ja_JP&locale=ja_JP

IPアドレスを手動設定しても、ぶちぶち途中で切れていたのです。そこで、今回、Amazonで、NEC Aterm WR8300Nを買って見ることにしました。Amazonのレビューでもやたらと評価が高く、また価格.comの人気ランキングでも1位でした。また、個人的な話ですが、隣の人の家がAtermを使っているらしくて、iPhoneでWi-Fiに接続しようとすると、いつも隣の人のAtermも検出され、しかもうちのC社のルータの電波よりもびんびんきているような表示になって、いつも悲しい思いをしていました(我が家のC社の無線LANルータは、iPhoneと同じ部屋にあるのに!)。それで、変えるなら、NECのAtermにしたいと前から思っていました。

で、最終的には、評判どおり、無線LANの接続も非常に安定していて、「HOMERUN BATTLE 3D」の途中で切れることもなくなりました。また、2Fに親機がありますが、1Fのどの部屋でもつながります。無線LANなんだから当たり前といえば当たり前ですが、前のC社のそれは部屋によっては全くつながったり、接続まで何回もトライしないといけないことがあったので、ずいぶんストレスが減りそうです。買って、大正解です。

ただし、実際は、導入にかなり手こずりました。サポートに電話しようと思ったぐらいです(0570のナビダイヤルになっていてお金がかかりそうなので、止めましたが・・・)。

トラブルの内容

1. 設定画面につながらない。

有線LANには文字通り2分ぐらいでつながりました。NTT西日本のCTUにつなげるだけです。ただ、設定画面につながりませんでした。Atermの説明書には、設定画面のURLは「http://web.setup」もしくは「http://192.68.0.1」になっていますが、「サーバが見つかりません」になります。パソコンを再起動しても同じです。

ipconfigで調べてみるとIPアドレスは192.168.24.55というアドレスになっていて、「192.168.0.*」になっていません。道理でつながらないはずです。「ipconfig /renew」してみたり、一端パソコン・モデム・ルータなど全部電源を切ってからやり直してみても全然ダメです。

2. デフォルトのWEPキーが分からない

とりあえず、iPhoneではAterm WR8300Nをびんびんに検出してくれているので、WEPキーさえ分かれば接続できるだろうと思いました。ところが、このWEPキーが分かりません。マニュアルをざっくりと読んだ限りでは、どこにデフォルト(初期設定)のWEPキーが記載されているのか分かりませんでした。それでますます必死になって設定画面にログインしようとしていたのですが、ログインできません。完全に袋小路です。にっちもさっちもいきません。

続きを読む "iPhone用に無線LANルータ「NEC Aterm WR8300N」を購入"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/01/15

mod_rewriteとMultiviewsの相性は悪い?



Amazon のWEBサービスを使って一儲けしたいと今いろいろとやっているところですが、JSP用に借りている海外のレンタルサーバで、そのサイトを立ち上げようと考えました。

SEOには、サーチエンジンにやさしいURLにすることが可能なmod_rewriteでしょうということで、やってみるがなぜかうまくいかない。ローカルのテスト環境や、別のサーバでは動作するに・・・。もちろん、IISサーバだから・・・とかいう落ちもない。何で?

サポートに「mod_rewriteはサポートされているのか?」と問い合わせるが、返事が無茶苦茶遅い。月曜日に出したメールが木曜日に返ってきた。(ところが変事のメールは、メールヘッダー上は、月曜日に出されたことになっている。3日間もどこを旅していたんだ?)話がそれましたが、サポートの返事によると、「mod_rewriteはデフォルトで有効になっている」と回答するだけで、こちらが具体例を出して、「http://www.サーバ名/hogehoge/2」にアクセスしたら「2」と表示されるべきなのに、「File Not found」になるのはなんでかと聞いているのに、それに対する説明はなく、何がどう間違っているのかの説明は一切なし。全部読んでくれていますか? 人のメールを。

キーワードだけを拾って適当に合いそうな回答をコピー&ペーストしようとしたような回答が多いのが海外のサーバとのやり取りに共通して見られる傾向です。

仕方がないので、Googleで検索してみました。すると、見つかりました。最初からGoogleで調べるべきでした。

●mod_rewrite MultiViews
http://www.fya.jp/blog/2007/09/14/mod_rewritemultiviews/

下手な説明より、上記ページで確認してもらったほうが話が早いと思いますが、要はMultiviews(拡張子なしのURLにしたりするために使用されるApacheモジュール)を有効にしているために、mod_rewriteが正しく動作していないということが分かりました。

早速、.htaccessで、
Options -MultiViews
したら、あっけなくmod_rewriteが動作しました。海外のレンタルサーバのサポートの人は何でそう教えてくれなかったのだろう。人のことは言えないが、正直「レベル低いっ!」って思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年3月 »