« 2010年11月 | トップページ | 2012年2月 »

2011/07/24

Macの最新OS Lion(10.7)とホイールマウス


仕事柄、新しいOSが出れば全部試さざるを得ない。2,600円は安すぎるといえば安すぎるのだが、LionはSnow Leopardとどこがどう違うのか分かりにくいというのが、第一の印象でした。

そして、次に気になったのが、デフォルトのホイールマウスの挙動です。いくらSafariで、ホイールをまわしてもぜんぜんスクロールされません。おかしいなと思っていると、時々、正常に動作する。よく調べてみると、逆に回したときに、下にスクロールし、下に回すと上にスクロールしているのです。

Googleで検索して、これはLionの仕様だとすぐに分かりました。

「システム環境設定」→「マウス」を開き、
「スクロールまたは移動するときに、コンテンツを指を動かした方向に移動させる」にチェックが入っているのを外してあげれば、今までどおりの挙動になりました。(下画像参照)


何でこんな挙動になったのか(最初、バグだと思いました。)と思っていましたが、これはiPhoneやiPadの仕様に合わせたものであるという記事をどこかのブログで読んで、妙に納得しました。読み終わって必要のないコンテンツを指ではじくイメージなんですね。MacBookなどを使っていてトラックパッドを使っている場合、まさしく同じ感覚ですね。ただ、マウスでの挙動まで一緒にしなくてもいいのではないかなと思いました。

これは好き好きでしょうから、設定で回避できるということでいいのでしょうが、デフォルト設定は今までどおりにしておいてもらいたかったです。特に私のようなWindowsが完全メインのユーザーにとってはそうだと思います。それでなくても、Macの場合、ダイアログなどに表示される「はい」「いいえ」のボタンの右左がWindowsのそれと逆なので、よく注意しないと間違いそうになるので、OSが違うと文化が違う人種のように、同じパソコンでも結構違うな感じます。

MacにはMacの文化・哲学があるでしょうから、Windowsにどこまでも似せる必要は全くないのは確かですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2012年2月 »