« 2012年2月 | トップページ | 2012年6月 »

2012/05/31

Google Chrome 19.0.1084.52で、暗号化されたPDFファイルが1ページ目しか表示されない不具合



2012年6月11日22時45分ごろ追記
この問題は、安定版の場合、バージョン19.0.1084.56にアップグレードすることで、解消されています。
------
先日、Google Chromeでテストを行っていて、PDFファイル全部ではないのですが、一部のPDFで1ページしか表示されず、2ページ目以降が真っ白だったり点のようだったりする不具合が発生していることに気づきました。1ページ目だけではなく、全ページが真っ白に表示される場合もありました。

調べてみると、全てのPDFファイルは暗号化処理(印刷禁止やテキスト選択の禁止・編集禁止などの処理を行っている)されているファイルだと分かりました。表示に不具合のあるPDFファイルでも、いったんPDF右下に表示されるツールバーからデスクトップなどに保存しさえすれば、それをAdobe Readerで開くときちんと表示されるのはもちろんのこと、ローカルに保存したPDFファイルをGoogle Chromeにドラッグ&ドロップすると、きちんと表示されます。つまり、fileプロトコルの場合は表示されず、http(s)プロトコルの場合は不可というわけです。

さらに調べてみると5月24日ごろにGoogle Chromeのアップデート版がリリースされて、最新版が19.0.1084.52になったことが分かりました。旧バージョンのGoogle Chrome 19.0.1084.24で試してみると、これらのファイルも全く問題がないことから、19.0.1084.52のアップデートが影響している可能性大です。

●Chrome Releases: Stable Channel Update
http://googlechromereleases.blogspot.jp/2012/05/stable-
channel-update_23.html


にリリースノートが掲載されていますが、この中に「CVE-2011-3112: Use-after-free with invalid encrypted PDF」というのがあり、暗号化されたPDFファイルに対して何かセキュリティ対策が施されたことが分かります。このほかにもPDFファイル関連のセキュリティ処理がいくつもあったようですから、そのどれかもしれませんが・・・。

原因が推定できたところで、Google Chromeの不具合を修正してもらうために報告するためにGoogle Chromeのフォーラムを下調べしてみると、既に数件報告されていました。

●Can view only the first page of a PDF protected
http://code.google.com/p/chromium/issues/detail?id=129591

下記のようなサイトのPDFファイルで、Google Chrome 19.0.1084.52の場合、不具合があります。Adobe Readerの場合や古いバージョンのGoogle Chromeの場合、問題ありません。下記のファイルはいずれも暗号化されています。ソフトバンク社やApple社、Canon社、Brother社、NTTドコモ社などそうそうたる会社のPDFファイル(一部)をGoogle Chrome内蔵のChrome PDF Viewerでは閲覧できません。
一日も早く、この問題を解決してもらいたいものです。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年6月 »