« Google Chromeの古いバージョンを入手し、最新版と共存する方法 | トップページ | Adobe Reader XI リリースされる »

2012/08/05

Windows版Safariの終焉?


為替取引を始めるなら≪DMM FX≫

話題に上ってから2週間ぐらいになりますので、間抜けな感じもしますが、Windows版Safariの新規開発がストップするのではないかという憶測に関するコメントを書いてみたいと思います。

Macの新OS「Mountain Lion」(10.8.x)が7月25日にリリースされて、同時にSafari 6がリリースされました。Safari 6はLion(10.7.x)でも使用できます。しかし、Windows版にはSafri 6がないということがその憶測の理由であり、公式的には確認されていないようですが、恐らくその通りなのだと思います。

最新のSafari 5.1.7(英語版)は、
http://support.apple.com/kb/DL1531?viewlocale=en_US

からダウンロードできます(日本語版はたぶんありません)。なくなる前にダウンロードしておきたい方は急がれたほうが良いでしょう。(他にも古いバージョンの入手の仕方はありますが、信頼性の問題からできるだけ公式サイトからの方が良いでしょう。)

さて、Windows版Safariは出始めの時は、Macを持っていないWindowsユーザーの開発者などに喜ばれたと思いますが、今では、その役割を完全に終えていると思います。というのは、私が運営しているサイトのアクセスログで調べてみると、iPhone/iPad/iPodからのアクセスは、全アクセスの5.6%にもなっているにもかかわらず、Windows版Safariはわずかに0.1%です。0.1%というのは完全に誤差の範囲内です。千人に一人です。ちなみに、Mac版Safariは約4.9%ですから、iPhone/iPadの勢いがいかにすごいかが分かります。

iPhone/iPadでの動作確認ができれば、Windows版Safariは必要ありません。iPhone版のSafariの方がWindows版Safariより挙動も近いはずです。Windows版Safariのみに存在する不具合もたくさんあります。でも千人に一人しか使っていないので、あまり時間をかけて、その不具合対策をすることもできず、結局、開発者にとっては、重荷でしかありません。Netscapeの衰退時期やMac版IEのリリース中止時期と似ているような気がします。「頼むから、嫌がらせでないなら、NetscapeやMac版IEのようなマイナーなブラウザは使わないで・・・。」と思っていたことを思い出します。Windows版Safariの終焉は心から歓迎したいです。



|

« Google Chromeの古いバージョンを入手し、最新版と共存する方法 | トップページ | Adobe Reader XI リリースされる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67411/55359142

この記事へのトラックバック一覧です: Windows版Safariの終焉?:

« Google Chromeの古いバージョンを入手し、最新版と共存する方法 | トップページ | Adobe Reader XI リリースされる »