« OS X Mavericks 10.9.4 アップデート | トップページ | クラウド会計「freee」が10万登録突破 »

2014/07/10

node-webkitを触ってみる。



node-webkitを今更ながら触ってみた。なかなかいい感じだと思ったのですが、 ファイルの書き込み(fs.writeFileSync(path, text);)を行ってみるものの、引数でとくに指定がなければUTF-8とマニュアルにはあるのに、UTF-16LEで保存され、しかも途中までしか保存されていないということが分かりました。

encodingをutf8にしたり、UTF-8とかutf-8とか変えてみても全然ダメ。調べてみると、前にも同じような現象が発生していたみたい。結局、node-webkitのバージョンを0.9.2(Node v0.11.9)から0.8.6(Node v0.10.22)に下げたら一発解決しました。

無料アンケートツール『クエスタント』

|

« OS X Mavericks 10.9.4 アップデート | トップページ | クラウド会計「freee」が10万登録突破 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67411/59961630

この記事へのトラックバック一覧です: node-webkitを触ってみる。:

« OS X Mavericks 10.9.4 アップデート | トップページ | クラウド会計「freee」が10万登録突破 »