« PHPで構築されたWEBサイトをExeファイルにできるPHPExe | トップページ | Microsoft Edgeのバグ? 「Internet Explorerで開く」を使うと、PDFによっては、きちんと表示されない »

2015/08/09

Microsoft Edgeでソース表示できない場合に確認すべきこと

Windows 10の新ブラウザMicrosoft Edgeでソース表示ができず、また、ソース表示を選択後、ウインドウの閉じるボタン(右上のバツ印)をクリックしても、ブラウザを閉じられず、Ctrl+Alt+DeleteでMicrosoft Edgeを強制終了させないと閉じられない現象が発生し、悩んでいましたが、今日解決方法が分かりました。

●Windows 10 で使用される場合の注意点 - EmEditor (テキストエディタ)
https://jp.emeditor.com/emeditor-core/windows-10-%E3%81%A7%E4%BD%BF%E7%94%A8%E3%81%95%E3%82%8C%E3%82%8B%E5%A0%B4%E5%90%88%E3%81%AE%E6%B3%A8%E6%84%8F%E7%82%B9/

IEのソース表示のテキストエディターを標準のメモ帳以外に指定している場合に、こうなるみたいです。Emeditorは普段は使っておらず、私は秀丸派なので、秀丸エディターを起動して、メニューの「その他」→「動作環境」→「関連付け」→「ブラウザの関連付け」から、「Internet Explorerのソース表示に~」のチェックボックスを外したら、Microsoft Edgeでもソースを表示できるようになりました。

Microsoft Edgeではソース表示も開発者ツールの一部として表示されるような感じであり、一般の人がぱっと見てどうこうするというような感じではなくなりましたね。

|

« PHPで構築されたWEBサイトをExeファイルにできるPHPExe | トップページ | Microsoft Edgeのバグ? 「Internet Explorerで開く」を使うと、PDFによっては、きちんと表示されない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67411/62051739

この記事へのトラックバック一覧です: Microsoft Edgeでソース表示できない場合に確認すべきこと:

« PHPで構築されたWEBサイトをExeファイルにできるPHPExe | トップページ | Microsoft Edgeのバグ? 「Internet Explorerで開く」を使うと、PDFによっては、きちんと表示されない »