« Google Chromeのバージョン52で、日本語PDFは受難(文字化け地獄)の場合も | トップページ

2016/11/23

Linuxのシェア急伸?

自作アクセスログでLinuxのシェアを確認していたら、1年ぐらい前の記憶では1%もなかったのに、いきなり3.9%ぐらいある。どういうこと? と、Google検索で確認してみると、確かに2%超えのような記事がたくさんヒットした。Chrome OSがLinux系だから、一緒にカウントされているのではという日経BPの記事も読んだが、どうも納得ができなかった。Chrome OSのuseragentは CrOSという文字列は入っているけれど、Linuxという文字列は入っていないから、これをLinuxに取り入れるのは、ないのでは?と思ったからだ。まだAndroidをLinuxに入れる方がまし?



そこで、自分のアクセスログをよくよく調べてみるとLinuxだと思っていたアクセスは、ほとんどは、 IPアドレスが*.googleusercontent.comでした。このIPアドレスでのアクセスの場合は、アクセスログの集計から外してみると、Linuxのシェアは0.6%となり、私の今までの認識とほぼ同じ数値になりました。

全部が全部そうでないでしょうが、何かの参考になればと思い、記録に残しておきます。ロボットを排除するためには、IPアドレスまでみないとよく分からないなと思います。

|

« Google Chromeのバージョン52で、日本語PDFは受難(文字化け地獄)の場合も | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67411/64532477

この記事へのトラックバック一覧です: Linuxのシェア急伸?:

« Google Chromeのバージョン52で、日本語PDFは受難(文字化け地獄)の場合も | トップページ