Vistaとインターネット

Vistaが発売されて1ヶ月以上が過ぎました。大変な混乱とは言えないまでも、XPから5年の歳月を迎えての新OSリリースであったこともあってか、いくつか混乱が見受けられます。そこで、当ブログでは、この期間、精力的にVistaについての記事(メインはIE7とWindows Mailについて。)を書いてきました。過去の記事をここにまとめてみました。

その混乱の大元は、強化されたセキュリティ機能にあります。行き過ぎているという意見もあり、実際私もそう思うこともありますが、実にありがたい機能であるとも言えるものもます。

● Vista IE7保護モードの影響がこんなところにも--「Acrobatがライセンス認証されていないため、Adobe PDFの作成を続行できません。」

http://shimax.cocolog-nifty.com/search/2007/05/vista_ie7acroba_2fed.html
2007年5月13日。VistaのIE7で保護モードを有効にしていると、ブラウザメニューからの印刷で、Acrobatからの印刷(Adobe PDFの作成ができません)。同じVistaでもFirefoxからの印刷(Adobe PDFの作成)はできます。いずれにしても、エラーメッセージは正確でないため、Adobe社に変更してもらいたいものです。

● 少なくとも5種類のIE7が現在、存在します

http://shimax.cocolog-nifty.com/search/2007/04/5ie7_a222.html
2007年4月11日。IE7と一口でいっても、VistaのIE7とXP SP2のIE7があり、さらに同じXP SP2のIE7でもβ版を使い続けている人も意外といます。β2、β3、RC1とありますので、少なくとも5種類のIE7が存在することになります。Vistaの保護モードの挙動は実機がないと確かめにくい現象であり、WEB開発者は必ずVista端末での確認が必要です。また、サイト訪問者のOSによって、画面キャプチャーを使った説明なども分けておいたほうが、初心者を混乱させない親切な設計と言えるかと思います。

● (再掲載)Windows Mailで「ゴミ箱」内のメールが削除できなくなる現象 -- 自分の環境でも起こりました!

http://shimax.cocolog-nifty.com/search/2007/04/windows_mail_b60a.html

2007年4月7日。先日、Windows Mailでメールを削除できないことがあるらしいと他人事のように書いていたら、私の環境でも起こりました。修復は、かなり難儀を極めした。

● Windows版IEで印刷プレビューするとページ数が無限に増えていく現象

http://shimax.cocolog-nifty.com/search/2007/04/windowsie_d224.html

2007年4月6日。VistaのIE7に限らないのですが、特定のHTMLソースによっては、Internet Explorerは印刷に必要なページ数を正しく計算できない現象が発生し、必要枚数が無限に増えていく現象が発生することがあります。

● Windows Vista上で一部のウェブサイトが表示されない場合、ウイルスバスターが関係しているかも

http://shimax.cocolog-nifty.com/search/2007/04/windows_vista_cd9d.html

2007年4月6日。ウイルスバスターのURLフィルターやフィッシング詐欺対策などを使っている場合に、一部のサイトで表示されない現象が発生することがあるそうです。

● Windows Mailでメールを削除できない不具合?

http://shimax.cocolog-nifty.com/search/2007/03/windows_mail_07e5.html
2007年3月30日。私自身は経験したことはないのですが、ニュースグループなどに投稿されたメールなどによりますと、どうもWindows Mailにはメールを削除できなくなる現象が発生することがある不具合があるようです。

● Thunderbirdから日本語ファイル名の添付ファイルを送信すると、Windows MailやOutlook Expressでは文字化けする理由

http://shimax.cocolog-nifty.com/search/2007/03/thunderbirdwind_a3fa.html
2007年3月19日。日本語の添付ファイル名をメールで送るのは、送信先の人が使っているメールソフトをはっきりと知らない場合には避けたほうが無難です。RFC的にはThunderbirdの方が正しくても、というお話。

● VistaのWindows Mailに「#」をURLとして認識できないバグ<

http://shimax.cocolog-nifty.com/search/2007/03/vistawindows_ma_c2ee.html
2007年3月17日。メール内にあるURLに「#」が含まれていると、「#」以降の文字列がURLとして認識されないため、ページ内リンクを使用しているURLに期待通りにアクセスできない不具合が発生しています。

● Windows Mailのメッセージルールのバグ(「一」で始まる件名の登録ができない件)

http://shimax.cocolog-nifty.com/search/2007/03/windows_mail_64e3.html
2007年3月11日。メッセージルールは大量に来るメールの整理に必要不可欠なものです。ところが、VistaのWindows Mailには奇妙なバグがあり、「一」で始まる件名の登録処理ができません。「いくつかの情報が足りないか、正しくありません。強調表示されたアイテムを確認してください。」となります。

● 「この機能は、 スタンダード 権限を持つアプリケーションからのみ利用できます。」(IME関連のエラーメッセージとAjaxの危険性)

http://shimax.cocolog-nifty.com/search/2007/02/imeajax_3516.html
2007年2月23日。VistaのIE7では、IMEで単語登録したものが変換候補に現れません。フォームへの入力で、「めーるあどれす」と入力して変換すると自分のメールアドレスが表示されるようにしていたり、「じゅうしょ」と入力して変換すると自分の住所が入力することに慣れているものにとって、これは拷問のようである。しかし、この機能制限は、よくよく考えてみると、ブロードバンド時代・Ajax時代の今、実にありがたい機能のように思えてきた。

● VistaのWindows MailでHTMLメールを作成する際の注意点(Windows Mailのバグについて)

http://shimax.cocolog-nifty.com/search/2007/02/vistawindows_ma_0bec.html
2007年2月19日。Vistaのデフォルト・メーラーであるWindows Mailでは、HTMLメールをISO-2022-JPで作成するとき、注意しないと文字化けします。

● VistaのWindows Mailと、XPのOutlook Expressとの「HTMLメールの処理の違い」

http://shimax.cocolog-nifty.com/search/2007/02/vistawindows_ma_0ad4.html
2007年2月16日。VistaのWindows Mail(Outlook Expressの後継メールソフト)でHTMLメールを作成する際、ページ内リンクを使うと、予期しないことが起こります。

● 【最新アクセスログ調査】 Vistaからのアクセスは1%に迫る勢い。IE7のシェアも10%目前?!

http://shimax.cocolog-nifty.com/search/2007/02/vista1ie710_dad3.html
2007年2月15日。発売されてから半月が経ち、Vistaでのアクセスも着実に伸びてきています。また、その影響でIE7のシェアも確実に伸びています。サイトによっては、Firefox(2.0.0x、1.5.0x、1.0xの合計)よりもIE7のシェアの方が高くなってきています。

● VistaのWindows Mailとmailtoタグによる本文のプリセット(文字化け問題)

http://shimax.cocolog-nifty.com/search/2007/02/vistawindows_ma_c78c.html
2007年2月14日。mailtoタグに件名や本文をプリセットする方法はよく知られていますが、本文のプリセットはVista時代には止めたほうが無難かもしれません。

● VistaのWindows Mailプレビューで文字化けする場合(「髟阡」「瘢雹」の意味。サニタイジングについて)

http://shimax.cocolog-nifty.com/search/2007/02/vistawindows_ma_ed70.html
2007年2月10日。VistaのWindows Mail(Outlook Expressの後継)。でメールをプレビューさせると、一瞬だけ文字化けして表示される場合があります。その際、「髟阡」「瘢雹」といった意味不明の中国語みたいな漢字が表示されることが多いです。これは、実はセキュリティが関連しての文字化けです。

● VistaにOffice 2007の試用版を入れてみました(mailtoプロトコルの関連付け)

http://shimax.cocolog-nifty.com/search/2007/02/vistaoffice_200_80ad.html
2007年2月9日。VistaにOffice 2007の試用版を入れると、強制的にmailtoプロトコルの関連付けが変わってしまう。これは良いとしても、「Web サイトで、このプログラムを使って Web コンテンツを開こうとしています」「この Web サイトを信頼していない場合は、このプログラムを開かないでください。」という例のメッセージが表示されて、IEからOutlook 2007やWindows Mailを起動する際に、これを承認させなければならない。セキュリティが高まったとは言え、技術的な理解度が高い人は理解できる内容でも一般の人にはチンプンカンプンなはず。これでは、かえって、ダイアログが出ると、「よく分からないけど何でもOKしないと、前に進めない」と変な習慣を身に着けてしまうユーザーが出てこないとも限りません。

● Vistaの「Web サイトで、このプログラムを使って Web コンテンツを開こうとしています」続編

http://shimax.cocolog-nifty.com/search/2007/02/vistaweb_web_4cea.html
2007年2月4日。このメッセージの日本語はどう考えてもおかしい。改善の余地があります。

● Vistaの「Web サイトで、このプログラムを使って Web コンテンツを開こうとしています」(Flash Playerの自動アップデート機能)について

http://shimax.cocolog-nifty.com/search/2007/02/vistaweb_web_fl_e862.html
2007年2月3日。Flashを使っているページを開くだけで、このメッセージが表示される。Flashぐらい最初から承認した状態で出荷してほしい、と思うのは私だけ?

● Vista + Firefox + Windows Media Playerの組み合わせは注意が必要

http://shimax.cocolog-nifty.com/search/2007/02/vista_firefox_w_6e72.html
2007年2月2日。VistaにプリインストールされているWindows Media Player。しかし、Windows Media Playerで開くようにMIMEタイプが「application/x-mplayer2」に設定されているファイルを含むページにアクセスすると、IE7ではコンテンツの表示ができますが、Firefoxでは、小細工をしないと、音楽が再生されません。

● 私がVistaとXPのデュアルブートに失敗した理由(推測)

http://shimax.cocolog-nifty.com/search/2007/02/vistaxp_b1b0.html
2007年2月2日。謎のディスク構造エラー頻発で、XPとのデュアルブートに失敗した私ですが、「Windows Vista Upgrade Advisor」を使ってみて、もしかして、これが原因だったの?と思うことを発見しました。Vistaを入れる前にアンインストールしなければならなかった製品があったのだ。デュアルブートだから、上書きアップデートでないので、何もアンインストールする必要はないと思い込んでいたことが原因でした。

● Vistaファーストインプレッション

http://shimax.cocolog-nifty.com/search/2007/01/vista_89bc.html
2007年1月31日。XPとのデュアルブートを試みるも、「ディスク構造が異常です。chkdskせよ」とのポップアップがひっきりなしに表示され、使い物にならず挫折しました。

● Vista RC1体験/ IE7のセキュリティ機能

http://shimax.cocolog-nifty.com/search/2006/10/vista_rc1_ie7_c591.html
2006年10月28日。IE7はIE6よりもセキュリティ機能が強化されています。そのため、JavaScriptやActiveXを一切含まないファイルであったとしても、ローカルファイルをブラウザ上に表示しようとした場合、セキュリティ保護のため、このコンピュータにアクセスする可能性のあるスクリプトや Activex コントロールを実行しないよう、Internet Explorer で制限されています。オプションを表示するには、ここをクリックしてください。」というアラートが表示されたりします。ファイルの中身が「あいうえお」だけであったとしても、また極端にいえば、ファイルサイズがゼロのファイルでも、この警告メッセージは表示されます。

● Vista RC1体験/ IE7の保護モード

http://shimax.cocolog-nifty.com/search/2006/10/vista_rc1_ie7_3101.html
2006年10月27日。VistaのIE7とXP SP2のIE7とは少し違います。その原因は、VistaのIE7には保護モードというものがあるためです。